輸入タイヤは安いけど大丈夫?と不安に思っている人がまだまだ大勢います。

クルマを安全に安心して運転する上でタイヤの重要性は今も昔も変わりはありません。

しかし、磨り減ったタイヤのままでクルマを運転する事の方がとても危険です。

輸入タイヤなら安いからと購入を考えている人の不安をなくすために性能や評判を検証してみたよ。

輸入タイヤを買ってもいいのか?



<スポンサードリンク>






輸入タイヤは本当に大丈夫なのか?

輸入タイヤを購入する際一番不安なのが『輸入タイヤって大丈夫なの?』ですよね。

私自身の輸入タイヤ体験は「コンチネンタル」「ミュラン」「ピレリ」「ハンコック」です。

世界的にも有名なメーカーですので、高速道路でいきなりバーストなどの経験はしたことがありません。

それに一番の魅力は「安い!」ですよ。

国産タイヤと輸入タイヤ価格比較

国産タイヤ代表:ブリジストン「エコピア:195-65-15」

見積もりを出してもらったら4本作業工賃込みで驚きの 82,080円なり



輸入タイヤ代表:MOMO「OUTRUN M-2:195-65-15」

通販サイト→タイヤ通販 AUTOWAY
 
でタイヤだけの価格が18,160円で作業料金はBSと同じ設定で7,776円。合計で¥25,936円

なんとブリジストンの3分の1の値段になったのです。

ちなにみエコピア1本の価格が18,576円です。

私自身でタイヤの組み替えしてしまうので、作業料はかからないのですが
それでもBS1本買う価格で4本買えてしまうのには驚きです。

今回momoを購入したので時期を見てインプレションをお届けしますね。

これが輸入タイヤの実態だ!

BS1本買う金額で4本購入できる激安さが逆に『怪しい』と思われているのが輸入タイヤの泣き所ですね。

その「あまりにも安すぎる」ことが不安になっていると思われます。

「安いわけその1・・・人件費

製造コストで一番ウエイトを占めているのはやはり人件費です。

タイヤに限らず、いろいろな企業が海外に生産拠点を移しています。

例えば、

日本の平均年収=420万円

・ 中国=250万円

・ 韓国=140万円

・ タイ=140万円
(注:2017年度、臨時職員や日雇い労働者の収入を元にしています)

収入を見ても日本より半分か3分の1になるので販売価格もこれに比例し安くなっていると思われます。

「安いわけその2・・・原材料費が安い」

一般的に言われているのが

・ 1mm摩耗5000km

・ 新品タイヤの溝は約8mm

・ スリップサイン1.6mm

計算して見ると大まかに6.4mm×5000km=32000kmで交換が必要になります。

・ 国産タイヤ=32,000kmが交換時期

・ 輸入タイヤ=25000km前後で交換が必要

つまり、品質が悪いか新品の溝の深さがもともと少ないか。

「安いわけその3・・・為替」

海外旅行が安いのと同じかな、と

「安いわけその4・・・技術力」

ブリジストンを例にすると、

・ ナノプロ・テック™

・ ULTIMAT EYE™(アルティメット アイ)

・ GUTT(ガット)【自動進化設計法】

・ エコ効きもちゴム

・ パワートレッドゴム

・ ウェット向上ポリマー

まだまだ新技術やらは目白押しで書ききれませんが「研究・開発費」が相当かかっているでしょう。

輸入タイヤコスパを考えてみた

例えば年間1万キロ走ると過程すると・・・。

ブリジストンの場合
3万キロ3年で交換・・・82,080 ÷ 3 =27,360円/年

MOMOの場合
2.5万キロ2.5年で交換・・・ 25,936 ÷ 2.5 =10,374円/年

コスパを考えた時、履ける年数に違いはありますが、1年単位で見ると輸入タイヤがお得です。

また、2.5年ごとに新品に交換できるので輸入タイヤをチョイスする選択もあり、ですよ。

タイヤに求めるのは性能です

安い訳は分かった!でも一番タイヤに求められるのは『性能』です。

ハンドル切ったのに曲がらない、雨の日はよく滑るではタイヤとしてはダメダメです。

しっかり路面に食いつき、静かで、スリップしないがタイヤの理想です。

そして、時代はエコ。

『エコタイヤに一言申す』

エコなクルマが増え、エコタイヤが標準装備になっています。
メカニック目線から言わせて貰うと、どんだけ空気圧高くすればいいのだ!

軽自動車なのに空気圧2.9 kPa(キロパスカル)などと言うものも存在します。

当然接地面積を少なくすれば良く転がるでしょう。
しかし、グリップ力は低下するし乗り心地もゴツゴツしてしまいます。

どこまで燃費優先なのか・・・。

『輸入タイヤの弱点』

・ 販売しているお国柄の違い

国によっては熱帯気候に適したタイヤが求められます。

すると固くする必要性があり、その結果スリップしやすいなどのデメリットもあります。

・ 静粛性を求めていない

舗装された道路が少ない国では、静粛性よりもパンクしにくいタイヤが求められます。

輸入タイヤによっては、履き潰した国産タイヤよりロードノイズが高くなるのもあります。

・ 原材料費を抑えてる

人件費の次にコストがかかるのは原材料費です。

なので、ゴムの量やワイヤーの量を少なくしています。

たい焼きのアンが少ない感じですね。

輸入タイヤおすすめメーカー

その昔、輸入タイヤといえば「絶対に履きたくないタイヤ」でしたが、
それは遠い昔の話になりました。

当然、輸入タイヤメーカーの中には「これはダメだろう」と言う会社もあります。

そこで、おすすめ輸入タイヤを選んでみたよ。
『輸入タイヤおすすめメーカー』

ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)・・・本社:インドネシア

ATR通販サイトAUTOWAY

全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)やフォーミュラドリフトのスポンサーを務めるほど
モータースポーツに力を注いでいるメーカーです。

今までに様々なタイヤを履いてきたが、
正直なところコストパフォーマンスはとても高く、
高速走行でも特に気になるところはありません。
強いて言えばウェット性能に若干不安があるように思います。


NANKANG(ナンカン)・・・本社:台湾

NANKANG通販サイトAUTOWAY


スポーツタイヤからスタッドレスタイヤに至るまで様々なタイヤを製造している。

低価格・コストパフォーマンスの高さに加え、18インチ以上のサイズも多くラインナップされている。

輸入タイヤメーカーの中では評判がいい

ナンカンタイヤAS-1 2度目の購入です!
日産キューブ(BZ11)に履かせてます。
この安さで、走り方にもよりますけど2年近くは長持ちします。
ドライ、ウェット路面でも問題ないです。
外国産だからと言って偏見もってる人も多いですが、国産タイヤとほぼ何ら変わりないと思っています!


HIFLY(ハイフライ)・・・本社:アメリカ

HIFLY通販サイトAUTOWAY


アメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社から日本に供給されています。

高次元な品質とコストパフォーマンスの両立を実現

ウェット性能に優れ、高速でも安定した走行を実現します。直進、コーナーでのドライ&ウェットグリップに優れ、あらゆる状況で操縦安定性を確保。静粛性にも気遣い、上質な走りと低燃費性能を提供します

今まで、海外のタイヤは使用したことがありませんでしたが、
性能は国産と大きく変わらないように思いましたが、
走行距離は15,000ほどですので、こまめにローテーションをしておけばそれなりに利用できたと思います。
静粛性や高速道での利用や雨天時などに不安を感じたことはありませんでした。


NEXEN(ネクセン)・・・本社:韓国

NEXEN通販サイトAUTOWAY

PORSCHE、VOLKSWAGENのほか世界17の自動車メーカーにネクセンタイヤは標準タイヤとして採用されています。
日本では2017年モデルの、ポルシェ・カイエンに正式に採用が決定し、その品質が認められています。

まだ200キロほどの走行ですが、
・高速での安定性/旋回性に問題なし
・グリップ力もウェット性能も充分!
・ロードノイズも乗り心地も申し分なし
・燃費も以前のecopiaに比べ0.1キロ伸びました

国産タイヤの半値でこのクオリティ!
自信をもっておススメします\(^o^)/


Radar(レーダー)・・・本社シンガポール

Omni United(シンガポール)のグループ会社で高い走行性能と環境性能を備えたタイヤ会社です。

ISOやDOTなどの最高レベルの品質基準をクリアし、世界90ヵ国以上で販売
RADAR通販サイトAUTOWAY

ドライは問題なしです。
ウエットは若干ふらつきありましたが、普通に走行するには問題なしです。
高速道路では100Km/hを超えたところで”ウオーン”という音がします。
しかしこれも特に気にならなくなりました。
静粛性普通の公道での走行は静かなものです。
乗り心地も非常に良いです。
燃費の性能もよいと思います。


ZEETEX(ジーテックス)・・・本社:ドバイ

優れた乗り心地、パフォーマンス、低騒音、快適なドライビングと安全なハンドリングを提供する最先端のトレッドパターンの製品を開発しており、また、Zeetexがグローバルメーカーであることの認知をさらに広める事を目指します。
ZEETEX通販サイトAUTOWAY

空気圧を1~2キロ高めに設定しないといけないタイヤですが
空気圧が抜けやすいのでこまめな点検は必要です。
3万キロ走りましたがフロント5分リア8分なので2万キロはもちそうです。
値段が変わらなければナンカンやネクセンの方が良いと思いました。


MOMO(モモ)・・・本社:イタリア

スポーツに特化したブランドであるため、パフォーマンスの高さには定評があります。 レースシーンで活躍するドライバーならではの深い洞察力を活かしながら、進化したテクノロジーを駆使したタイヤづくりで、軽自動車用から輸入車用まで幅広い
MOMO通販サイトAUTOWAY

まず驚いたのが、結構静かでした。
そのため、今まで気づかなかった故障に気づきました。
前輪の、アッパーアームがたつきとスタビライザーの破損で、
ホンダにて来月1日に修理となりました。
今日、雨の中、問題ありませんでした。
夕方、雨もやみドライ走行でき、これも問題ありませんでした

Hankook(ハンコック)・・・本社:韓国

BMW・Audiやクライスラーなどに標準装備されているタイヤメーカー

他輸入タイヤに比べ若干高め

プリウスに付けました
ノイズを感じず良いと思います
国産タイヤと変わらず


ま と め

輸入タイヤだからダメ!と言う固定観念は昔のものになった感じです。

どうしても国産メーカーを基準に見てしまうのは仕方ありませんが、
全体的に耐久性が劣るのが一番のネック。

国産タイヤの半分以下で買えるから、安全のために車検ごとに交換でも良いかもしれません。

それよりも磨り減った国産タイヤで走る方がよほど危ないですよ。

性能的はメーカーによってドライ重視・ウエット重視に多く比重を置いているような
製品も見られます、が総合的なバランスは国産タイヤと変わらないです。

私もMOMOタイヤをチョイスしたので時期がきたら
インプレションを公開したいと思います。