車のバッテリーは、過酷な状況下に置かれています。

炎天下や極寒、車載テレビなどの電気を大量に使う装置など。

バッテリーの寿命は目に見えるものではなく、それは突然襲ってきます。

そう、エンジンがかからない「バッテリー上がり」という症状です。

車はバッテリーがなければ、動かすことが絶対にできません。

そこで、バッテリーの寿命を延ばす方法とどんな症状が出たら

バッテリーの交換時期なのか?

前兆さえ知っておけば、バッテリー上がりは未然に防げます。


<スポンサードリンク>




車のバッテリー寿命を短くする4つのこと

一般的には、バッテリーの寿命は「2〜5年」程度です。

幅があるのは、クルマの使い方によって使用年数が大きく左右されるもの

バッテリーの特徴です。

「JAFHPより抜粋」

バッテリー上がり

『バッテリーの寿命を短くする原因』

その1:夜間走行が多い

夜間走行が多い場合、ヘッドライトやテールランプなど

電装品を多く使います。

まして、今時のクルマは、テレビやナビ、DVDなど電気を使う製品が

多くあり、バッテリーが充電さえる時間より、消費される時間の方が長くなります。

なので、夜間走行が多いドライバーほど、バッテリーが酷使されます。

その2:長い期間クルマに乗らない

サンデードライバーのような、1ヶ月に1回しか乗らないような場合でも

電装品のメモリをするために微弱電量が常に流れています。

この微弱電量がバッテリーの蓄えを無くしています。

その3:エンジンを止めた状態でDVDを使うのはNG

テレビやDVD、ナビなどモニターがある電装品をエンジンをかけない状態で

長時間使うとバッテリーの蓄えが無くなるスピードが速くなります。

その4:メンテナンス不足

バッテリーを充電するためにクルマには、「オルタネーター」と呼ばれる

充電器が使われています。

このオルタネーターを回しているのは、ゴムでできているベルトです。

このベルトが減っているため、最高充電できるまで回転数があがらない。

このため、十分な充電ができなくなります。

バッテリーの寿命が近づいているサイン

バッテリーが寿命になると、全く電装品は反応しなくなります。

当然、エンジンはかからなくなってしまいます。

例えば、エンジンキーをスタートの位置まで回しても

「キュルキュル」とか「カチ、カチ」とかの音が出たら、それは寿命です。

『バッテリーの寿命に近づいているサインとは』

・ ヘッドライトが暗く感じる

・ 走るとヘッドライトが明るくなり、信号待ちなどでは暗くなる

・ パワー・ウィンドーの開閉が遅くなった

・ オーディオの音が割れる

・ ラジオにノイズ(雑音)が入る

・ 方向指示の点滅が長くなる

このような症状がでたら、間も無くバッテリーの寿命です。


<スポンサードリンク>




ここまで使ったらバッテリーが上がって当然!

バッテリー上がりを経験した人なら分かるとおもいますが、

エンジンがかからない時、JAFが来るのが遅く感じる。

それほど、エンジンがかからないのは「恐怖心」を植え付けてしまいます。

『バッテリーのこんな状態はすぐ交換のサイン!』

・ 膨らんでいる

バッテリー膨らむ

バッテリーの最後は容器を膨らませてしまいます。

これは、電気を作る「電極の劣化による膨張」です。

・ 端子にびっしりと白い粉がでてる

自己放電や長期間充電、放電を繰り返すバッテリーは、結晶化したサルフェーションが発生します。

これが端子についていれば、電気容量が少なくなっているので

バッテリーの寿命が近づいて証拠です。

・ バッテリーの天板に液が漏れている

これは過充電が起こっていて、バッテリーの中にあるべき液が沸騰して

天板から吹き出したからです。

ま と め

バッテリーは、暑さ、寒さに弱い製品です。

夏場は、クーラーをかけたボンネットの中はとても暑くなります。

冬場になると、氷点下などの状況に置かれます。

このサイクルを繰り返すことが寿命を短くする原因です。

JAFの救援依頼のナンバー1は「バッテリー上がり」です。

バッテリーは静かに機能を失っていきます。

なので、安心なカー・ライフを送るためには、バッテリーは定期交換部品だと

認識する以外になさそうです。

実際に、私が経験してきたバッテリーの故障で多いのは、

夏場・冬場のバッテリー上がりです。

本日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

少しでもあなたのカー・ライフのお役に立てば嬉しいです。