アイドリングストップのバッテリーは過酷な条件で動いています。

そのバッテリーが寿命になった時、エンジンの再始動はできなくなります。

だからこそ、バッテリーの寿命を確かめる方法が気になりますね!

アイドリングストップのバッテリー寿命の確かめ方はとても簡単です。

もし、バッテリーが寿命になっていたら、どれを購入したらいいのか?

合わせて記事にしています。


<スポンサードリンク>




アイドリングストップのバッテリーは酷使される

アイドリングストップが付いていないクルマの場合、

エンジンをかける機会は、それほど多くありませんね。

例えば、会社に行くだけなら

・ 朝、出勤する時

・ コンビニで買い物した時

の2回ではありませんか?

それに比べ、アイドリングストップ付きのクルマは

例えば、会社に行くだけなら

・ 朝、出勤する時

・ 信号で止まる時

・ 渋滞で止まる時

・ コンビニで買い物した時

・ コンビニから幹線道路に出る時

の数えたら多分数十回になることでしょう。

この間エンジンをかけるために「セルモーター」は頻繁に始動します。

バッテリー電圧を一番使うは

NO1:エンジン始動時

NO2:エアコン使用時

NO3:ライトをつけた時

NO4:後ろ窓の熱線を使う時

実際に計測したことがありますが、

その時の数値は覚えていないのでハッキリお伝えすることができません。

が、クルマの電装品で一番電気を消費するのは、間違いなく

『エンジン始動時=セルモーター』です。

なので、頻繁にストップ&ゴーを繰り返すと、バッテリー寿命は短くなります。

アイドリングストップのバッテリー寿命の確認方法

クルマはエンジンで走ります。

(日産ノートなど電気自動車は別ね)

エンジンがかからないと単なる「鉄の塊」です。

バッテリー交換のサインさえ知っていれば

楽しいドライブ中にバッテリー上がりで寂しい思いをすることがなくなります。

『バッテリーが弱っている症状』

・ ヘッドライトが止まる瞬間暗くなる

・ パワーウィンドウの動きが遅くなる

・ エンジンのかかりが悪くなる

・ アイドリングストップ警告灯が点滅する

・ アイドリングストップ警告灯の色が変わらなくなる

基本的にアイドリングストップ付きのクルマは

バッテリーが弱ってくると、アイドリングストップしなくなります

これはセーフモードに入ることで、バッテリーを保護しているからです。

合わせて確認して欲しいことが、

・ 新車から何年間使っているのか?

・ 前回交換時より何年間使っているのか?

そして、バッテリー本体には必ず『製造(充電)時期』があります。

「6桁の数字が表す左から2桁ずつ日・月・年(西暦の下2桁)」

「2013年9月3日製造」

「2011年2月20日製造」

この記号と使用年数を確認して、2〜3年経っていて、

アイドリングストップがしなくなったら、即交換が必要です。


<スポンサードリンク>




アイドリングストップ対応バッテリー

アイドリングストップ付きのクルマに

安い!と思って普通バージョンのバッテリーは合いませんよ。

エンジン再始動時に沢山の電気を使うアイドリングストップは

バッテリーを酷使します。

なので、一般的なバッテリーでは力不足になるのです。

『アイドリングストップ車用バッテリー』

バッテリーは性能や大きさによって英数字の記号で表示されています。

例えば、

・ ワゴンR・・・・・M-42R

・ アルト・・・・・M-42R

・ アルトラパン・・k-42R

・ タント・・・・・M-42

・ ムーブ・・・・・M-42

・ ミラ・・・・・・M-42

『M・・・外形寸法区分』

『42・・・性能ランク』

『R・・・端子位置』(表示がないものは“L”が基本)

ここのサイズを確認して同じサイズの物を購入するようにしてください。