HIDの交換はご自身でも可能ですが、光軸を調整するのは専用のテスターが必要です。
激安のHIDに交換すると対向車からパッシングされる可能性がとても高くなります。
HIDに交換するおすすめと交換後に行うメンテナンスを記事にしています。




<スポンサードリンク>






初心者でも絶対間違えないHIDの選び方とは

ズバリ!セットで購入すること。

(fcl取り付けキット:公式ホームページより画像引用)

HIDキットに入っている物はメーカーによって違いはありますが、基本的に

バラスト

バッテリーは直流なので、このままではHIDが点灯しません。
そこでバラストで交流に変換する事でバナー(バルブ)を点灯させます。
激安品の中にはこのバラストから“火を噴く”とも言われています。

バラストには、35W55Wのワット数により2種類あります。
明るいのは55wですが、消費電力も多くバッテリー負担も大きくおすすめはしません。
そして明るくなった分、対向車の配慮も絶対必要になります。

ハロゲンとhidとの違いはこの図を見てもらうと分かりやすいかと

バナー(バルブ)

実際に光を出すバルブ本体でケルビンで表記されている。
このケルビン数で見た目や夜間走光性が決まります。

「ケルビン」色温度の事を指し、
イメージとしては、ロウソクのような赤みがかったのは2000K、昼の太陽光は5500~7500K、晴天の青空は10000K。

数値が低い赤味が増す、高い青味が増すと覚えておけば良いでしょう。
青みが増すほど光量が落ち、雨天走行は前方が見えにくくなって行きます。
ここ注意ね!車検に通るのは6000kまでです。
ケルビン数で見るバーナーの特徴

4000K前後・・・純正HIDに使われている白色系
やっぱり感が強い純正HIDで光量も一番多く視認性は抜群

6000K前後・・・スタイリッシュと実用的な蒼白色
純白色色から青みがかった色にありこのケルビン数から光量が落ち始め雨の日の夜は視認性がよくない。

8000K〜以上・・・迷惑でしかない
当然車検は通らないレベルで雨天夜間走行では全く見えなく、ハロゲン球の方が明るい。
中には緑、ピンク、真っ青などの色があり、止めて欲しいレベル。

ここまでが基本セットに入っている内容です。
では、実際に購入する時に注意すべき点は?

HIDキットを実際に購入する時の注意点

では、実際にHIDを購入する時、どんな点に注意したら良いのか?
私自身も色々なメーカーが合って正直「どれをチョイスしたら良いのか・・・?」と悩みました。
まずは、必要な物をおさらいしてみましょう。

バルブをチョイスする

「ハロゲンHIDにする場合」
あなたのクルマに合ったHIDバルブを選択します。
車種によってハロゲン球の形状が違う場合があるので一番確実なのが、「車検証」を確認することです。
・ 初度登録年月
・ メーカー
・ 型式

をメモしておいてください。
基本的に使われているバルブは
・ H1、H3、H4Hi/Lo、H7、H11、HB3、HB4
このあたりでしょう。
fcl公式ホームページに国産車・輸入車の適合表が載ってますので確認ができます。

車種別適合表

「純正HIDケルビンを変える」
基本的に車検証で使われているバルブの形状を確認します。
・ 初度登録年月
・ メーカー
・ 型式

HIDのバルブにはD2SやD4Rなどの種類があります。

D2SやD4Rの数字の意味は
・ D2バルブは、水銀が使用されていてD4より明るく感じます。
・ D4バルブは、水銀は使われていませんが色味から暗く感じます。

しかしD2を使っているHIDにD4は使えません!
なぜなら、電圧がD2とD4では違うからです。
また、たまに点灯する事もありますがこのような症状が現れます。

・ 点灯しない
・ 暗い、明るさが足らない
・ 点灯しても数秒後に消灯する
・ 点灯を維持できない、振動させたら切れる
・ 長時間点灯した際、バラストが熱くなり燃える可能性がある

です。怖いですね。

純正タイプのバルブにはD2S、D2R、D2Cの数字の後ろにアルファベットが表記されています。
・ Sプロジェクタータイプに取り付け

・ Rリフレクタータイプに取り付け

・ C両方に取り付け可能(汎用品)
※ 注意点 ※
Sタイプはライト本体で配光を調整します。
また、Rタイプはバルブ本体で配光を調整します。
なので、バルブSをバルブRに取り付けた場合は、配光が乱れます。

Cは「S・R」に取り付け可能性ですが、光軸は取れません。
それもそのはずで、専用品ではないのでグレアがでます。(パッシングされますよ)

HID性能を100%引き出すあれ?

ハロゲンヘッドライトをHIDにする場合、影響は出ませんがフォグランプをHIDにする場合、電圧が足らない為点灯しません。
また、点灯してもチカチカしたり、思ったような明るさにならない・・・。
と、いう事にならない為に「リレーハーネス」は必要です。

『fcl電源安定リレーハーネス配線図』

リレーハーネスはバッテリから直接電気をとることによって、電圧を安定的に供給する事ができます。

35wか55wか?どっちが良いの?

ここで数字が大きい方が良いのでは?と言う疑問は湧いてきます。
バナーを選ぶ場合、35Wと55W、それ以上がありますが、正直なところ35wで十分です。

W数(ワット数)=消費電力ですので、数字が大きくなればなるほど消費電力も多くなります。
また、中には85Wや100wなども存在しているようなのですが発火する危険性もあります。
なので、一番安定したHIDキットを選ぶには35Wで十分です。
それでも「数字は大きい方が良い!」と言うのなら55wまでが限界です。
もし、55wにした場合は光軸調整は必ず行ってください。
その分お金もかかりますが・・・。

※ 注意 ※
バラスト35W、バルブ55Wだと一瞬ヘッドライト点灯するが、すぐに消えます。
電圧が足らないので当たり前ですが・・・。

高いほど高性能なのか?

さて、35wバナーでケルビン数も決まった、おっ!激安のHIDキットが売っている、「ポチ!とな」
ちよっと待った!安物買いの銭失いですぜ。
なぜなら、光軸が取れないばかりか付けたけどすぐ壊れた、と言うことに。

「有名ブランド」・・・保証もあり配光が完璧で安心
ブランド品は研究開発に力を入れている分高額になりますが、配光や耐久性に関して安心感が違います。
実際に価格を見てみると驚いてしまいますよ。
例えば、
「BELLOF(ベロフ)」

「PIAA(ピア)」

「コスパに優れるメーカー」・・・保証も製品力もあり価格も抑える
1万円〜2万円と言った価格帯のメーカーは中間マージンなどを削減しているだけで製品自体は悪くありません。
私自身も多くのユーザーに取り付けした物はこの価格帯のメーカーになります。
ブランド品と比べ耐久性が劣る訳でもありません。
でも、最適な配光を望むなら「光軸調整」が必須です。
例えば、
「fcl」


「激安品」・・・付けてすぐ壊れた、が当たり前と思うこと
特に配光が酷く、光軸調整はやるだけ無駄、
なぜなら、H4の場合バルブに付いている遮光板の動きが悪くLowビームでも上方向へ光を照射してしまう。
また、グレアが酷すぎる。
あなたも見た事があると思いますが、ヘッドライト全体が光っているような「乱反射」を起こしているクルマ。
光軸だけの問題でなく、バルブの問題が多く配光が適切でない場合が多い。
クルマのヘッドライトをhidにする時の基礎知識初心者編でも書いていますが、
まず、暗い・カットラインが出ない・低い・高い事が激安品には多いです。

ハロゲンバルブと比べて約3倍もの光量を持つHIDですが、もともとがハロゲン仕様で設計されているヘッドライトをHIDにする事が無理があるのです。
そして激安品バルブでは配光が出ない、崩れて当然です。

※ 注意 ※
メーター内にハイビームにした時、青く光るランプがありますが、一部の車種にHIDに交換した際このランプが点かない事があります。
そんな時は、「ハイビームインジケーター不点灯防止ユニット」が必要になります。

HIDに交換した時の光軸を調整する方法

ハロゲンHDIでも純正HID社外HIDに交換した時でも光軸はしっかり調整してください。
では、どこで光軸調整したら良いのか?ですよね!
整備工場で行う、と色々な記事は目にしますが基本的にライトテスターが無いと光軸調整は出来ません。
こんなやつね

で、このライトテスターを持っている整備工場は

・ 指定整備工場
・ 予備車検工場(テスター屋)
です。

あなたが住んでいる地域でも「テスター屋」とか「指定整備工場」とかで検索すれば出ると思います。
気になる料金ですが、1000〜3000円と言った所が多いです。
事前に問いをする事でスムーズに調整をしてくれると思います。

ま と め

夜間走行は気を使いますね。
特に街頭もなく真っ暗な道をヘッドライトの明かりだけが頼りです。
当然、暗いより明るい方が運転も楽にできます。
また、雨の日の夜は暗いライトでは緊張のあまり肩が凝ってしまします。
HIDにする事で夜道を安全に安心して走行できるのは良いですよ。

そしてハロゲンからHIDにした時はきちんと光軸は取る事をおすすめします。
ロービームなのに道路標識が明るく見える!のは間違いなく光軸が狂っています。
対向車に迷惑をかけないように光軸はとってください。