軽自動車を新車で購入したら、任意保険には必ず加入しておいた方が良いです。

なぜなら、任意保険(自動車保険)はあなたの代わりにリスクをとってくれるからです。

また、中古で軽自動車を購入した時も任意保険に加入することが

あなたの生活を守ることにつながります。

一般に、自動車保険は内容が良く分からないで加入していることが多いと思います。

無駄を省き、安心して軽自動車を運転するために最低必要な知識は必要です。

任意保険の基本になる3つの保証を見ていきましょう!


<スポンサードリンク>




軽自動車に乗る人は必ず任意保険に入ること

任意保険とは、あなたの意志・選択で保険会社を選び自動車保険に加入する保険です。

対する車検時に必ず加入させられるのが「自賠責保険」と呼ばれる強制保険です。

自賠責保険の役割は、「対人(けがした人)」だけに限定した保険です。

『自賠責保険損害限度額』

・ 死亡限度額・・・・・・・・3000万円(被害者1名につき)

・ 傷害による損害限度額・・・120万円 (被害者1名につき)

・ 後遺障害の限度額・・・・・75〜4000万円(被害者1名につき)

これらの限度額を見てもらうとわかると思いますが、人に対する損害だけが対象になるのが自賠責保険です。

例えば、

・ 脇見運転でガードレールを壊した

・ 対向車に衝突した

・ コンビニに突っ込んだ

など、物を壊した時は『任意保険』に加入していないと、すべてあなたの実費(個人負担)になります

つまり、強制保険(自賠責保険)は、相手(けがした人)を救済することが目的なのです。

あなた自身のけがやクルマを直す、壊した物を直すことはできないのです。

そこで自賠責保険で保証してくれない部分を保証してくれるのが『任意保険(自動車保険)』なのです。

軽自動車に必要な任意保険とは?

任意保険(自動車保険)は、どんな内容で契約するのが一番お得なのか?

まず、任意保険の仕組みを理解することが保険の節約になるのです。

『任意保険(自動車保険)の仕組み:part1(対人)』

任意保険を保証内容で分解して考えることが大切です。

「対人(人身事故)保証」

相手をけがさせた、後遺症を残してしまう、死亡させてしまった。

これら『対人』保証は、まず自賠責保険の範囲で保険金が支払われます。

例えば、「高給取りの医者を死亡させてしまった」場合

平成23年の裁判判例では、5億843万円の賠償額が提示されています。

当然、自賠責保険からの3000万円ではどこにも足りません。

残りの賠償額を払ってくれるのが、「任意保険(自動車保険)」なのです。

もし、任意保険に入っていなければ、5億843万円 – 3000万円 = 4億7843万円は

あなたの財布から払わないといけない金額になるのです。

つまり、あなたの代わりに任意保険が払ってくれるので

あなたは今まで通りの生活が送れる、ということです。

まず、任意保険には『対、人』に対しての保証があるのです。


<スポンサードリンク>




軽自動車を新車で買った時は車両保険つきが任意保険加入絶対条件

交通事故

軽自動車を新車で買った時、ほとんどの人は「ローン」で買っていると思います。

そんな時にも任意保険は役に立つのです。

『任意保険(自動車保険)の仕組み:part2(物損)』

例えば、

『軽自動車を運転していて、運転ミスで対向車にぶつかった。』

『コンビニの駐車場に止めようして、壁にぶつけてしまった』

これは、自賠責保険では保証されない事故です。

相手のクルマやあなた自身の軽自動車を壊した時に保証してくれるのが

「物」に対する保証『対物保険』と『車両保険』になるのです。

「対物保険」

対物保険は、対、物を壊した時の保証になるので、

クルマだけが保証対象になるわけではありません。

・ 昭和55年の裁判判例・・・1億2,036万円

これは踏切で脱輪し電車を脱線させ、その復旧工事代金や損害金が請求された例です。

任意保険に入っていないと、1億2,036万円はあなた個人が支払わなければいけない金額です。

「車両保険」

車両保険は、あなたが持っている軽自動車を壊した時に使う保険です。

例えば、新車のNボックスを3年ローンで買ったとしましょう。

雨でスリップしてしまい、全損させてしまったら、残るのは「ローン」ですよね。

しかし、車両保険に入っていれば、全損額は保険で払われるので

ローンが消えて、またNボックスをローンで買うことができます。

つまり、中古でもローンで軽自動車を購入した時も同じことが言えます。

※ 注意:加入内容によって保証内容は変わります

ま と め

軽自動車を運転するのは、とても楽しいですよね。

お気に入りの音楽をガンガンかけ、海や山、ショッピングに何時でもいけます。

あなたが一生懸命に注意して運転していても、歩行者が突然飛び出してきて事故に・・・。

信号無視のクルマに突っ込まれた・・・。

相手の不注意で、あなたにも災難が降りかかる可能性は“ゼロ”ではありません。

そんな時役に立つのが、「任意保険(自動車保険)」なのです。

事故がないと、「もったいない」と思うと思います。

しかし、事故は突然起こるものです。

そんな時、あなたの代わりにリスクをとってくれるのは

「任意保険(自動車保険)」だとしたら?

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

少しでもあなたのカー・ライフに役に立てば嬉しいです。