ヘッドライトが黄ばむと見た目も変ですし、なにより暗くなって夜のドライブが苦痛になりますよね。

ヘッドライトの黄ばみ取りは、「ピカール」や「コンパウンド」などを使う方法が一般的ですが、

それは、一時しのぎでしかありません。

それよりもっと簡単であるものを「シュっと」一吹きするだけで

ヘッドライトの黄ばみがとれてしまう裏技があるのは知っていましたか?

現役メカニックの私が、車検の時によく使っている方法です。

その方法をあなたに内緒で教えますよ!


<スポンサードリンク>




ヘッドライトの黄ばみは車検に受からない

ヘッドライトクリニーング

古くなったクルマを大切に乗っている人がまだまだ、大勢います。

クルマは、2年に一度(乗用車ね)必ず車検を受けなければいけません。

しかし、古くなったクルマのヘッドライトが黄ばみは酷く、

コンパウンドピカールで擦ったくらいでは、車検の基準光量をクリアすることが難しいのです。

これは、表面的な黄ばみのほかに反射板(リフレクター部)の輝きが無くなり

ヘッドライト球の光を上手に散らすことができなくなったのが原因です。

車検が通らないと、公道を走ることはできないのでなんとか対策をし、合格させる必要があります。

そこで、ヘッドライトの黄ばみを取る、業界人しかしらない「裏技」

CRCなどの潤滑剤がいいのだ。

なぜなら、ヘッドライトの素材が「ポリカーボネート」と呼ばれるプラスチック製だから

「ポリカーボネート」の弱点は、熱に弱く、耐油性(薬品耐久性)がよくありません。

ヘッドライトの黄ばみを瞬時に簡単に取れるのが、CRCなどの潤滑剤が一番安上がりで

効果も体感でき、長続きもします。

ヘッドライト黄ばみに「ピカール」「コンパウンド」は絶対に使わないわけ

「ヘッドライト 黄ばみ取る コンパウンド ピカール」と検索すると

わさわさと、間違った情報が出てきます。

コンパウンドやピカールで黄ばんだヘッドライトを一生懸命こすっても

期待できる効果もなく、長続きもしません。

それよりも、ヘッドライト磨きは逆に傷を作ってしまうのでオススメしません。

よく、ガソリンスタンドやイエロー・ハットなどで「ヘッドライトコーティング」をすると

こんなに綺麗に!と言っていますが、コンパウンドで磨いても新品のようには絶対になりません。

コンパウンドやピカールを使って黄ばみを消すのは、表面を「ガリガリ」と

擦って削ってるので綺麗になるのです。

しかし、表面に小さい傷を沢山作ってしまうので、見違えるような効果は期待できません。

また、コンパウンドで綺麗に磨く、には、経験が物言う作業になります。

ガソリンスタンドやオートバックスでやっているのは、見よう見まねの下手くそ。

その証拠に、ヘッドライト磨きをしても劇的な変化がありません。

これは、悲しいかな技術はない証です。

なので、コンパウンドやピカールで磨くよりもCRCなどの潤滑剤で

黄ばみを溶かして拭き取るぐらいが丁度いいのです。

この方法もヘッドライトの樹脂を溶かすことになるので、

クリアコーティングをする必要はあります。


<スポンサードリンク>




ヘッドライトが黄ばみむ原因、最後は強靭はコーティングが重要!

クルマのヘッドライトは、安く、形を自在に作れることに優れている

「ポリカーボネート」と言う、素材が使われています。

以前ならガラス製品が多かったのですが、空力やデザインなどから樹脂製に変わりました。

樹脂製に変わってからと言うもの

・ 黄ばむ

・ 焼ける

・ 変色

が途端に目立つようになってきましたね。

この原因は、『熱』と『キズ』から。

紫外線やヘッドライト球の熱や洗車機などの洗車キズが黄ばむ原因です。

ヘッドライトの黄ばみは、樹脂製から変わらなければ避けて通れない現象です。

CRCで黄ばみを溶かした後は、必ずコート剤を塗ることで寿命を延ばすことができます。

市販のヘッドライトクリアコーティング剤は色々と売っていますが、

オススメはこれ ↓ 

「ワコーズ HC-K ハードコート復元キット ヘッドライト用下地処理&コート剤V340」

『カスタマ・レビューより』

「ビフォー・アフター」

使用後

レース界では有名な業者なので、安心して使えます。

私もエンジンオイルやボディー・コーティング剤などのケミカル製品は

ワコーズ製を使っています。

このワコーズヘッドライト用には、コンパウンドが同封されています。

できれば、ライトの端っこで試して「小キズ」が出ないことを確認した後

コンパウンドには、粗目・中目・細目・極細目 と磨きの粒子に違いがあります。

この粒子の細かさによっては磨くと、逆に深いキズになる場合もあります。

コンパウンドで磨くのは、ボディーだけにしたほうが良いですね。

ま と め

ヘッドライトが黄ばむと夜間走行が苦痛になりますよね。

私のクルマもヘッドライトが良く黄ばみます。(古いから( ; ; )

一時期、コンパウンドでガシガシと磨いていましたが、

コンパウンドの荒さによっては、細かいキズが目立ったので

今では、裏技の「CRC攻撃」をしています。

その後は必ず、ヘッドライトコーティングをしています。

これだけで、夜間走行も楽になるし、HIDに交換しなくても済みました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

少しでもあなたのカー・ライフにお役に立てば嬉しいです。

ヘッドライトクリーニングの方法

ヘッドライトクリーニング方法3つのパターン

『ビギナーコース・・・作業時間左右30分程度』

『エキスパートコース・・・作業時間左右45分〜1時間程度』

『パーフェクトコース・・・作業時間左右1〜2時間程度』