愛しい我が子を交通事故から守るのは、親の役目です。

チャイルドシートは事故から我が子を守る唯一の手段です。

しかし、チャイルドシートを間違って使っているケースも多く見受けられます。

今一度、正しいチャイルドシートの使い方、何歳までジュニア・シートは必要なのか?

徹底検証してみました。


<スポンサードリンク>




チャイルドシートは義務

子供を抱っこしたまま、ドライブに行くのはとっても危険です。

事故の衝撃はあなたが予想する以上の大きな力を持っています。

せっかくチャイルドシートをつけていても、正しく使用していないと

子供が車外に放り出される、内臓破裂、など二次被害を起こす可能性もあります。

今一度、正しくチャイルドシートがつけられているか?

子供をしっかりホールドしているのか?を確認してください。

「間違った装着で思いがけないダメージの実験」

チャイルドシートを使わなかった場合、

急ブレーキ時に乗員(乳幼児)が被る危険性を検証するテスト。

助手席の成人ダミーの膝上に乳児ダミーを抱っこさせ、
後席には幼児ダミーをそのまま座らせた状態で40km/hから
急ブレーキをかけ、ダミーの挙動を検証。

『出典:JAFチャイルドシートの正しい装着より』



チャイルドシートが義務は何時まで?

チャイルドシート使用する時期は、6歳未満の幼児に義務付けられました。

が、赤ちゃんと6歳の幼児では、体格も違うので同じチャイルドシートを使うことは無理です。

『チャイルドシートの年齢別選び方』

チャイルドシートを選ぶ基準になる3パターン

1:乳幼児用ベッド(生後約12か月まで)

・ 乳児専用タイプ・体重:10kg目安・・・後ろ向き

乳児シート1

2:幼児用シート(生後約12か月から4歳)

・ 幼児用チャイルドシート・体重10〜18kg目安・・・前向き

3歳ジュニア1

3:学童用シート(約4歳から10歳用)

・ 学童用チャイルドシート・体重15〜36kg目安・・・前向き

ジュニアシート.1jpg

6歳を超えたらチャイルドシートは義務ではなくなります。

が、大人仕様のシートベルトでは子供の身長が低いため、「ギロチン」になり

安全のためのシートベルトが逆に凶器にかわってしまいます。

正しいジュニア

例えば、

ジュニアシートを使っていてもシートベルトが首を圧迫している場合

首を絞めてしまいます。

また、腰ベルトが適切な場所に来ないため、腹部を圧迫し内臓破裂。

身長

大人仕様のシートベルトは、およそ身長140cm以上を想定して作られているので、

小学生以下ならジュニアシートがおすすめです。


<スポンサードリンク>




ま と め

私にも子供が2人います。

当時は、チャイルドシートは義務ではありませんでした。

自分だけは事故を起こさない自信はありました。

しかし、いくら自分だけ注意していても貰い事故は100%防げるものではありません。

事故で我が子を失うことを想像しただけで、私は生き甲斐をなくす、と思いました。

だから、クルマに乗せる時は必ずチャイルドシートを使っていました。

子供が嫌がる、とか良く聞きますが、最初(生まれた時)からチャイルドシートを使っていれば

子供もこんなもんか!と思ってくれますよ。