アジアンタイヤと国産タイヤの差はズバリ価格です。

アジアンタイヤは安く買えのが一番の魅力でしょう。

タイヤは命を乗せている大事なパーツの1つです。

国産タイヤは性能が良い分高いのがネックですよね。

そうは言っても家庭の事情でタイヤにお金を掛けられない人も居ると思います。

すり減ったタイヤやひび割れが酷いタイヤで走るのはとても危険です。

そこで安いアジアンタイヤを選択の1つに加えてみてはいかがでしょう?

でも、聞きなれないアジアン・タイヤは心配で不安になる気持ちもわかります。

そこで今話題の「アジアン・タイヤ」評判とおすすめを記事にしています。



<スポンサードリンク>






初めて聞いたアジアンタイヤとは?不安を根こそぎ解消!

『アジアン・タイヤとは?』

たったハガキ1枚の面積でクルマを支えているのがタイヤです。
有名な国産タイヤメーカーでいえば、

「ブリジストン」「YOKOHAMA」「ダンロップ」ならまずは安心ですね。

逆にアジアンタイヤ大手の「NANKANG」「ATRradial」「HIFLY」は聞いたことありますか?

NANKANG(ナンカン)

1959年に操業を開始した「NANKANG(ナンカン)」は、
台湾で最も歴史のあるタイヤメーカーです。

会社発展の初期には、横浜ゴム株式会社と技術提供契約を結び、
製造・開発技術の向上に努めており、日本との関係は深い。

「グローバルブランド並みの品質」「ユーザーニーズに適合」
「コストパフォーマンスが高い」と各方面で評価は高く、
現在では、台湾国内に留まらず、日本・アメリカ・ヨーロッパなど
世界180ヵ国に製品を提供しています。

日本国内でも雑誌などで特集を受けることも多く、
今、最もおすすめできる輸入タイヤメーカーです。


ATRradial(エーティーアールラジアル) 

世界のレースシーンで、その高いパフォーマンスを
証明し続けるインドネシアのATRradial。
過去にイタリアのピレリ社との技術提携、
ドイツのコンチネンタル社と協力関係を結ぶなど、
それらの経験で得た高い技術力と良質な素材によって、
優れた製品の製造を可能にしています。


HIFLY(ハイフライ)

HIFLYは高次元な品質とコストパフォーマンスの両立を実現。
中国工場で生産し、北米、ヨーロッパをはじめ現在世界各国で販売され
アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、
欧州など各国の基準、規定に合格しています。


NEXEN(ネクセン)

韓国を代表する大手タイヤメーカーNEXEN。
革新的な技術と品質の高さが評価され
世界の自動車メーカーが純正装着タイヤに採用しています。
欧州サッカーのトップチームである
マンチェスターシティのオフィシャルパートナーとしても有名です。

アジアン・タイヤとは、つまり台湾、インドネシア、韓国、中国などの新興メーカーが
製造するタイヤをアジアンタイヤと一般的に呼んでいます。

アジアンタイヤ驚きの価格

『価格比較例』

195/60-16(セレナ純正サイズ)

・ ブリジストン(Playz PX-RV 195/60R16 89H)ミニバン専用タイヤ

最安値:11,855円
店頭参考価格帯:¥12,390 ~ ¥15,000
18年5月価格.com調べ

・ NANKANG(AS-1:195/60R16 89H)コンフォート

1本当たり:4,890円(税込)
18年5月オートウェイ調べ

驚くことにブリジストンの約半分の価格です。

私自身も余りの安さで驚きました(今から10年前(大丈夫なのか?・・・)

国内メーカーの生産拠点が海外、それもアジアが多くなっていますね。

なぜなら人件費を抑え安く作るからです。

ブリジストン製でも2年も経てばゴム製品のタイヤは硬くなり、ひび割れも発生します。

しかし、溝はまだまだあるので使ってしまいます。

例えばこれね

オーナー言わく:まだ溝があるのに交換?・・・

溝山はまだまだあるので使えそうですが、ひび割れは酷いです。

このヒビがバーストを起こす原因の1つです。

溝がまだまだあってもったいないの話じゃないので強制交換をしました(笑)

他には『中古でなんとかならないか?』と相談を受けます。

[ブリヂストンPlayzRV(2012年製)]
 

これはヤフオクに出ていた物ですが、良く見るとショルダー(両端の部分)がザラザラしています。
それに全体的に硬くなっているように見えます。
そして一番最悪なのが製造年が2012年製になって居る点です。

確かに溝はまだ使えるほど残っていますが、タイヤがゴム製品です。
古くなった輪ゴムが簡単に切れてしまうのと同じで
古いタイヤはグリップ性能が期待できません。

この製造年なら新品(今年製造)のアジアンタイヤの方が安心ですよ。

アジアンタイヤ購入を考えるポイント

『ブリジストン』
疲れにくい、という安全性能「ミニバン専用」

『MAXTREK』
優れたグリップ力と排水性そして静粛性や乗り心地を追求「コンフォート」

アジアンタイヤが安いの原材料が違うからです。

当然国産タイヤと性能を比べたら差が出るのは当たり前です。

意外だと思いませんか?

国産大手メーカーブリジストンと比較しても悪くない性能を持っています。

しかし、安いので経済性は考えない方が良いでしょう。

ブリジストンなら2012年製造でも溝がたっぷり残ります。
それが使えるかどうかは疑問・・・

『アジアンタイヤを選択する時のポイント』

・ 静粛性を優先する

・ 省燃費性能を優先する

・ 乗り心地を優先する

・ 耐摩耗性(ロングライフ)を優先する

・ 価格を優先する

この中の何にポイントを置くかが大切です。

逆にこの全てを満たしているのが国産タイヤかもしれません(価格を除いて)


アジアンタイヤ特集記事

アジアンタイヤをホンダNシリーズにインチアップする時のベストなサイズは?

輸入タイヤは国産に比べ大丈夫なのか?価格を比較し評判を見てから購入した方が断然安心感が違う

ま と め

タイヤに求める性能は人の数だけあります。

ブランド力の安心感なのか、
お手軽価格なのか、

静粛性と乗り心地のバランスなのか
転がり抵抗を減らした省燃費重視なのか、

ドライグリップの走行性能重視なのか、
雨の日の安心感なのか、

この全てを求めることはいくら優秀な国産タイヤでも無理です。

転がり抵抗を無くすことはグリップ力を低くすることを意味します。
逆にグリップ力を高くすると燃費性能は悪くなります。

タイヤに求めるものに順番をつけることが大切なのです。

そして、そのメーカーで一番良いタイヤをチョイスするのが良い買い物です。

大きく分けるとタイヤに求める性能は
・ 「安全性能」

・ 「燃費性能」

・ 「快適性」

・ 「価格」

に絞られると思います。

アジアンタイヤがタイヤ交換の1つに加わる手助けができれば嬉しいです。