アイドリングストップ機能付きのクルマが多くなっています。

普通ならアイドリングストップしているはずなのに、

気が付いたら、アイドリングストップしなくなっている。

ダイハツ車に多い、アイドリングストップしないわけを解説しています。

また、アイドリングストップの購入を考えている人には

『現役メカニックだからわかる、アイドリングストップ機能のデメリット』

を確認してからでも、購入するのは遅くありませんよ!


<スポンサードリンク>




ダイハツ車アイドリングストップ最新情報

ダイハツでアイドリングストップ機能付きのクルマは

・ ミラ・イース

・ ミラ・ココア

・ ミラ

・ キャスト

・ ムーブ

・ ムーブ・カスタム

・ ムーブ・キャンバス

・ ムーブ・コンテ

・ タント

・ タント・カスタム

・ ウェイク

・ ブーン

・ トール

ハイブリッド車・福祉車両・商業車を除くとほとんどに

『エコ・アイドル機能』が付いています。

以前のアイドリング・ストップ機能は

「信号待ちや渋滞でブレーキをしっかり踏んでいたら、アイドリングストップ」させていました。

『eco IDLE』は以前のシステムを進化させたバージョンで

・ ブレーキを踏んでいる

・ ハンドルの切れ角は少ない

・ 車速、約9km/h以下になる

・ アクセルペダルを踏んでいない

・ ライトスイッチがOFF

・ フロント・ワイパー・ウィンドウォッシャーを作動させていない

・ 急ブレーキかけていない

・ ABS/VSCが作動していない

・ スマートアシスト作動していない

とき、完全に停止する前にエンジンを止めます。

簡単に説明すると、一定条件が整えば惰性で走ると言うことです。

(2017年3月時点)


<スポンサードリンク>




アイドリングストップしない条件

せっかく環境に、お財布に優しい『アイドリングストップ機能』ですが、

作動しなければ燃費は良くなりませんよね。

メーカーでは「作動には一定の条件があります」と言うだけで

詳しく教えてくれてもいいじゃないか!と思ってしまいます。

で、とっても詳しく調べてみました。

『アイドリングストップしない条件』

快適に安心して安全にドライブできる、これが基本になります。

例えば、

1:バッテリが弱っているのに頻繁にストップ・再始動を繰り返していれば

短期間にエンジンがかからなくなることは予想できます。

また、

2:真夏日にエアコンをガンガンつけていても涼しくならない車内で

信号で止まるたびに「エンジンストップ」させられたら

汗だくになって不快な思いをしてしてしまいますね。

他には、

3:夜間走行に必要なヘッドライトをつけているのに

アイドリングストップしたのでは、バッテリが上がってしまいます。

不快で不安な思いしてまで、エコする必要はありません。

なので、

『アイドリングストップしない条件』をまとめておきます

1:バッテリ充電量が一定以下の場合

2:エンジン・ミッションが冷えている場合

3:車内が暑い・寒い場合

4:ヘッドライト点灯している場合

5:フロントディフロスターを使っている場合

6:エンジン始動後10km以下走行

7:外気温が0度以下の場合

8:ボンネットが開いている

9:シートベルトをしていない

10:バッテリ交換後の初期化していない

エンジンを始動させるには、バッテリだけが頼りです。

つまり、バッテリを保護するのが絶対的基本にあるのです。

『バッテリーの寿命を確認する方法』はこちら

アイドリングストップ機能のデメリット

これからアイドリングストップ機能付きを購入しようと検討している人へ

アイドリングストップを上手に使えば、『ガソリン代』の節約になります。

それは直接「家計」に響いてきます。

しかし、メリットには、必ずデメリットも存在することを忘れてはいけません。

『アイドリングストップ機能のデメリット』

1:エアコン使用時は送風になる

真夏日ほど暑くない、春や初秋など暖かい日に

エアコンを使って温度調整するときにアイドリングストップすると

「風=送風」になるので車内が一気に熱くなる

2:渋滞が続くとき

ノロノロの渋滞時は、ストップ・ゴーを頻繁に繰り返します。

少し走っては「止り」、「再始動」したら、また「止まる」

エンジンが止まるぶんには「スー!」と止まるのでいいのですが

再始動時に「クルマに振動」は必ずきます。

これが頻繁に起きるを想像してください。

結構不快になりますよ。

3:足がツル

アイドリングストップを継続させるためには

ブレーキを強めに踏む必要があります。

少しでも気を緩めと「再始動」しますので、

ブレーキペダルを強く踏み込まないといけません。

これが結構苦痛で、長時間になると足が突ってしまいます。

アイドリングストップ機能は優れた機能ですが、

購入前に知っておけば、買ってから後悔しなくて済みますよ。