福岡でプリウスを運転していたタクシーが暴走し病院に突っ込む事故がありました。

タクシードライバーの証言では、プリウスのブレーキを踏んだが

止まらない、と言っています。

最近高齢者ドライバーの事故やプリウスの事故が頻繁にニュースになっています。

ブレーキとアクセルを踏み間違いではないのか?

プリウスのブレーキに欠陥があったのか?

メカニックに視線で勝手に推測してみようじゃないか


<スポンサードリンク>




プリウスのブレーキは本当は欠陥なのか?

プリウス事故現場

驚くことに「国土交通省」で発表されているプリウスの『ブレーキ』

リコールが出ているのを発見!

「リコールとは』・・・国土交通省発表

リコール制度とは、設計・製造過程に問題があったために、
自動車メーカーが自らの判断により、
国土交通大臣に事前届出を行った上で回収・修理を行い、
事故・トラブルを未然に防止する制度です。

工業製品のクルマの場合、部品点数が多くなることでどうしても不具合が生じてしまいます。

そのまま放置していたのでは、事故やトラブルを起こす危険性があるので、

メーカーに改善する義務があり、その届け出を必ずすることになっています。

そのリコールの届け出に、福岡タクシー事故のプリウスが該当していたのか?

は分かりませんが、『ブレーキが効かなくなる』リコールを出していました。

届け出:平成22年2月9日

車種:トヨタプリウス:DAA-ZVW30・DLA-ZVW35

『リコール内容』

ABS(アンチロックブレーキシステム)の制御プログラムが不適切なため、
ABS作動完了後の制動力が作動直前の制動力より低下することがある。

そのため、ブレーキをかけている途中に凍結や凹凸路面等を通過して
ABSが作動すると顕著な空走感や制動遅れを生じることがあり、
そのまま一定の踏力でブレーキペダルを保持し続けた場合には
運転者の予測より制動停止距離が伸びるおそれがある。

簡単に要約するとこうです・・・。

濡れた路面でブレーキを踏んだ場合、ABSが作動します。

正常なシステムなら、ABS作動後にはすぐ復帰し

通常の踏みしろがでますが、そのまま踏み続けいると

ブレーキの効きが弱くなる。

一般的なドラーバーは、危険だと思った瞬間にブレーキを踏みますよね。

そして、一度踏んだブレーキペダルは危険が去るまで踏み続けるはずです。

当たり前の前田のクラッカー!(なんのこっちゃ)

ぶつかるかもしれない!時にあえたブレーキペダルから足を離すことはしません。

すると、ブレーキの効きが悪くなり「制動距離が延びる」と。

しかし、トヨタの説明には ↓ この内容おかしくありません?

プリウスリコール

ユーザーを馬鹿にしていると思うのですが・・・。


<スポンサードリンク>




プリウスタクシーのブレーキトラブルはこれかも?

今回福岡で病院に突っ込んクルマは法人使用のタクシーです。

当然個人使用のプリウスよりも過酷な環境下にあったのは間違いありません。

タクシーの月間走行距離と言ったら、

・ 法人タクシー(会社組織)・・・約5〜6km

・ 個人タクシー・・・・・・・・・約4〜5km

ほどで、年間にすると6万km以上走ることになります。

トヨタ自動車『平成28年7月/プリウスリコール情報』より

タクシーや法人でご使用される事業用登録車両での
ブレーキ頻度の高い厳しい使われ方により、

ブレーキアクチュエータの油圧制御電磁弁シール部が摩耗し、
リーク量が増えることでフェールセーフモードに入り、

警告灯が点灯、その状態で継続使用すると警告音が吹鳴し、
ブレーキの効きが低下することがあります。

このリコール内容を見ると、福岡のタクシードライバーが「ブレーキが効かなかった」

と言うこともまんざら嘘だと思えないのです。

普段から几帳面で車検やメンテナンスもしっかり行っていたようなので

ペダルの踏み間違いはなさそう。

それよりも他のプリウスユーザーも怖い目に合ってた!

プリウスブレーキ不具合

ま と め

今回の事故で亡くなった方にはお悔やみ申し上げます。

高齢者ドライバーもそうですが、一旦暴走したクルマは

凶器になってしまうこと、ドライバーは再認識する必要があると思います。

未だに酒飲み運転が無くならないのも、単純にエゴだと思っています。

「自分は大丈夫」じゃなく、「周りの人が大丈夫」

今一度、メンテナンスの大切さを叫んで、本日は終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

『プリウスリコール情報元』

「国土交通省 自動車リコール・不具合情報」

「国土交通省 プリウスリコール届け出(ABS関連)」

「トヨタ自動車 プリウスリコール情報」