現在の「ミニバン」をブームにしたのは、まぐれもなくホンダ・オデッセイなのだ!

それまでにも7〜8人乗ることができる

『ワンボックスカー』は色々と出ていましたが、

乗用車のように低いフォルム、それでいて室内はとても広々として

ウォーク・スルーができるのはミニバンの火付け役「初代オデッセイ」


<スポンサードリンク>




迷走していたホンダの苦肉の作「オデッセイ」

今でこそ、家族がゆったり8人乗れるミニバンが流行っていますが、

バブル崩壊後の日本は、それまでの豪華に海外旅行は鳴りを潜め、

家族でゆったりと温泉旅行やキャンプをすることになった。

そこで、3列シートで7人が乗れるクルマが必要になる。

その当時、ホンダにはミニバンのベースとなる商業車ベースとなる

ワンボックスカーを持っていなかった。

苦肉の作としてセダンのアコードをベースにミニバンを開発。

生産工場はオデッセイに対応していなかったので、高さに制限がかけられた。

そこで出来上がったオデッセイは、FFにすることで

・ 床面を低くできた

・ 全高が低い割に室内高は高くできた

・ 7人乗れる

これが今に至る、ミニバンブームになった。

初代RAオデッセイ

初代RA型オデッセイ・スペック

ホンダ・オデッセイ・コンセプト

新しい時代に、新しい生活を提案する、

ジャンルにとらわれない自由な発想でのクルマづくり

初代オデッセイRA型は、「乗る人全員が主役であってほしい」という

開発者の願いが沢山詰まったクルマなのだ。

『初代オデッセイ主な仕様』

「乗る人のために」

・ 低全高(1,645mm)

・ ゆとりの室内高(1,200mm)

・ 6人乗り(キャプテンシート)7人乗り(ベンチシート)の2タイプ

・ センターウォークスルー・・スムーズな移動を可能

・ シアターフロア・・後部座席に行くほど視線が高くなる

・ ハイレベルな静粛性・・ワンボックスカーにありがちな床下エンジンレイアウトを廃止

・ デュアル・エアコン・・すべての座席で快適な空間

「運転する人のために」

・ 低床・低全高スタイリング

セダンと同じような視線で運転が可能に

・ 空力フォルム

空気抵抗を減らすことで燃費向上

・ 2.2L SOHC16バルブエンジン

運転する喜びを体感できる、高出力・高トルク型エンジンを搭載

クルマを操る楽しさは、サスペンション次第です。

そこでオデッセイでは、4輪ダブルウイッシュボーン・サスペンションを採用

操縦安定性としなやかな乗り心地を両立した。

このサスペンションにより、車線変更時のロールを抑え安定感も確保している。


<スポンサードリンク>




バカ売れした初代オデッセイ

アコードをミニバン風にしたら思いがけず「売れてしまった」オデッセイ

しかし、時代はミニバンを待っていたのかもしれません。

私も初代RA2型に乗っていましたが、最初はフロントノーズがめちゃ低くなっていて

先端がわからなく、それに幅が見た目以上に大きく感じ、

細い道でのすれ違いが「恐怖!」だったのを覚えています。

初代RAオデッセイは、1994年の発売から1999年の5年間に累計で約40万台以上販売され

まさしくホンダにとっての救世主になったのだ。

これで驚くのはまだ早い!

1994年には『日本カー・オブ・ザ・イヤー:特別賞』

そして排気量2L以上の3ナンバークラスでは、トップに君臨していた「トヨタ:クラウン」を抜き去り

1995年に12万5,590台の販売台数を記録。

この年に、『RJCカー・オブ・ザ・イヤー』を受賞した。

オデッセイのCMには、なんと「アダムスファミリー」に出演した人たちを

総動員したことも話題になった。

YouTubeで『ホンダ オデッセイ アダムスファミリーCM』で検索