車検とは、クルマの健康状態を国が確認する制度です。

車検費用はディーラーが高い、と言われていますが、

車検の仕組みを知ることで、安く車検を受けることができるのです。

その秘密を現役メカニックが暴露!


<スポンサードリンク>




車検にまつわる不思議なこと

車検をとれば、次の車検まで故障しない、と思っている人はまだまだ多くいますね。

整備業界でもこのあたりは色々とアピールはしています。

まずは、「車検を受ける」と言う意味から・・・。

クルマを検査する=車検、その名の通りです。

公道を走るためには、全ての人に共通のルールが必要です。

例えば、

・ A地方では、「赤は進め」「青は止まれ」

・ B地方では。「黄色は止まれ」「赤と青は止まれ」

地域でルールが変わったら、事故ばかり起きます。

クルマも同じで、万人が安全にドライブするために共通のルールが必要です。

それが、「道路運送車両法」と言う法律が検査の基本になります。

この法律に合っているか?不具合がないか?を検査するのが『車検』です。

検査自体は、クルマを分解することはしません。

外から見える範囲で検査します。

「国の検査場」

車検場

つまり、検査に通れば公道を走ることができる、と言うわけです。

しかし、それで故障しないか?といえば別問題です。

車検よりもっと大切なことが・・・

あなたの健康状態を確認するのは、「健康診断」ですね。

クルマの健康状態を確認するのが、「車検」です。

例えば、「不整脈」が見つかれば精密検査をしますよね。

人の健康状態を確認するのに、分解していたのでは大変です!

クルマの場合、車検で確認する場所が国で決められていて、

その中でも重要な部分(ブレーキなど)は分解し点検します。

これを「点検・整備」と呼びます。

つまり、『車検=点検+整備(交換・調整など)』

安い車検は、点検・整備をしない「ユーザー車検」を行っている可能性があります。

とても重要な「ブレーキ」はユーザー以外分解できません。

代行車検と呼ばれる車検は、検査を受けるだけなので安くあがります。

しかし、点検と整備をしていないので、いつ・どこで故障するか?

なので、安全に安心してドライブするのなら、「点検付き車検」がいいです!


<スポンサードリンク>




車検はディーラーが安心???

では、どこで車検を受けるか?

車検を受ける場所を大きく分けると

・ ディーラー

・ 整備工場

・ ガソリンスタンド

・ カーショップ

・ 全国チェーン店(整備工場・スタンドが運営)

基本的に「認証工場」「指定工場」と呼ばれる場所で車検は受けれます。

で、安く済むところはどこか?

ディーラーは高い、と良く言われます。

車検料金は見積もりを取らない限りわからない

なぜなら、基本料金は激安にして集客することがあるからです。

スタンドでやっていたのが、「車検基本料金:6800円」とか・・・

安い!と思って見積もりを取ると、ディーラーと変わらない。

基本料金を安く見せてあるところは、集客のためで

追加整備料金や手数料で取ることが多いです。

なので、車検費用は、トータルで比較することが大切です。

そして、ここ重要ね!

・ 車検に通らない箇所

・ 安全に安心してドライブするように

整備料金が高い、と言われる理由は、なんでもかんでも交換しちゃえ、

ディーラーもスタンドも、整備工場もありますよ。

まず、大切なのは「車検に通らない箇所」は整備が絶対必要。

安全に安心のためは、いますぐ整備はしなくても大丈夫。

この使い分けをすることで車検料金を抑えることができます。

でも、どの部分が車検に通らない部分がわからない?

ズバリ!見積もりを2〜3社とることです。

見積もりを取る意味は、料金の比較、と言うより

その内容を比較することができるからです。

同じ整備内容が入っていれば、そこは車検に通らない場所かも

3社3通りの内容なら、安心・安全にドライブするための整備。

見積もりで比較する内容は、整備するところ、ということです。

あとは、各種手数料の内容ですね。

結構色々な内容で手数料を稼いでいます。

まずは、見積もりをすることから始めてください。