クルマを持っていると頭を悩ますことの1つに車検がありますよね。

一度に多額の費用がかかる車検は、人間で言えば「精密検査」のようなものです。

公道を走るためには、車検を受けなければいけません。

平成29年2月からは、メーター内の警告灯の検査が厳しくなります。

メーター内警告灯の役割と車検に合格しないわけを詳しく解説しましょう。


<スポンサードリンク>




メーター内警告灯の役目

運転席に座るとスピードメーターなどが配置されている

『メーターパネル』が視界に入ってきます。

メーター警告灯

例えば、

シートベルト

1:「シートベルト警告灯」・・・赤色

意味:シートベルトをしていませんよ!

平成17年10月以降生産のクルマは、これとプラスして「警告音」がでます。

サイドブレーキ

2:「ブレーキ警告灯」・・・赤色

意味:ブレーキシステムに異常発生!

サイドブレーキが使用されている時にこれがつきます。

他には、ブレーキにトラブルが発生した時に点灯します。


エアバック
3:「エアバック警告灯」・・・赤色

意味:エアバックが使えなくなっています!

事故から乗客を守るためのエアバックがトラブルを起こしている


abs

4:「ABS警告灯」・・・黄色

意味:ABSが機能していません!

ABSは現在発売されているクルマにはほぼ全車標準で付いています。

ABSとは、タイヤをロックさせない機械、システム。

簡単に言えば、タイヤをロックさせずに制動距離を短くし

ハンドル操作もできるブレーキシステムです。


エンジンチエック

5:「エンジンチェックランプ」・・・黄色

意味:エンジンにトラブル発生!

エンジンにトラブルが発生すると、エンジンが止まる恐れがあるので

速やかに速度を落とし、修理が必要になります。


dレンジ灯

6:「ドライブレンジ表示灯」・・・青色

意味:前進かバックにギアが入っている!

高齢者の運転ミスが原因で事故が増えています。

アクセルとブレーキの踏み間違いとオートマギアの入れ間違いです。

前に進みたいのにバックギアに入れていたために大事故!

それを防ぐ意味がこのインジケーターです。

基本的なところはこの6項目です。


<スポンサードリンク>




車検に通らなくなる警告灯が付いている

平成29年2月から車検を受けるクルマは

上記の「2・3・4・5」が車検時に確実にチェックされます。

「1」と「6」は以前から車検の検査項目に入っています。

もし、これらの警告灯がつかない(エンジン始動前)場合、車検に通りません。

これらの検査方法としては、

1:エンジンをかける前(始動前)に全ての警告灯が点灯しているか

2:始動後は、警告灯が消えているか

シートベルト警告灯は、機種や年式によって違いますが、

シートベルトを締めると消えるか数秒経つと消えるものもあります。

車検とは、を理解すると意味がわかる

車検の本当の意味を知れば、これらが検査項目になっているのが理解できます。

道路運送車両法

第一条 この法律は、道路運送車両に関し、
所有権についての公証等を行い、

並びに安全性の確保及び公害の防止その他の環境の保全
並びに整備についての技術の向上を図り、

併せて自動車の整備事業の健全な発達に資することにより、
公共の福祉を増進することを目的とする。

つまり、乗客・歩行者の安全、公害を出さないために

決まった期間で検査が必要になる、ということです。

出典:交通事故統計

交通事故は大切は人を失ってしまいます。

また、怪我や後遺症に悩まされる人もいます。

1人でも少なくするためにクルマメーカーが色々な努力をしています。

最近では「アイサイト」のような『ぶつからないクルマの開発』

ハイブリッド車は、公害を少なくするための技術ですね。

当然工業製品であるクルマは、使用年数によっては機能低下するのが当たり前です。

そこで、最低基準になるルールが『車検制度』です。

警告灯消えない

あなたが安心して安全に運転できるように、メーター内に警告灯が付いているのです。

警告灯の色にも意味があり、これは国際規格(ISO)で決められています。

・ 赤色=危険・高温

・ 黄色=注意

・ 緑色=安全

・ 青色=低温・点灯

※ 追記記事(平成29年12月)

警告灯に関して結構質問が来ていましたので、陸自の検査官に直接話を聞いてきました。

基本的な作動として

1:キーONでメーターパネル内の警告灯(5箇所)全て点灯すること

2:エンジン始動後に警告灯(5箇所)が消灯していること

が、車検の時に必ず確認事項になっている。

そして他の警告灯が点灯していても、それは今回の確認事項5項目に含まれないので
車検が通ると言うことでした。

例えば、

・ アイドルストップ車の「アイドリングストップしない警告灯」

・ タイヤの空気圧不足で着く「エア不足警告灯」

などは検査に関係ないとのことでした。

また、追記があれば追加しますね!

2018/2/11追記

28年5月からエアバック交換していないと車検を受けることすらできなくなる

タカタ製エアバッグが異常破裂し、乗客に多大な被害をもたらす
危険なエアバックリコールを促進することが目的で

『国土交通省』は車検を更新できなくしました。

エアバックリコールでまだ、交換していない車両はおおよそ
メーカー9社、97車種、約130万台(10月末時点)が対象になります。

以前書いた記事に詳しく書いているので
今後車検を受ける人は要確認が必要です。

過去の記事  アマゾン車検でもエアバック交換しないと更新できない事態が発覚