ホンダ魂の原点、シビックタイプRが帰ってくる!

ホンダの基幹とも言えるシビックがオートサロンで初公開された。

嬉しいことに、スポーツモデル「シビックタイプR」が復活。

今年の夏には店頭に並ぶと本田技研工業の執行役員・日本本部長・寺谷公良氏は

力強く約束してくれたのだ。

緊急速報、次世代のシビックタイプRはここがすごい!

そして気になる販売価格を勝手に予想してみた


<スポンサードリンク>




シビックの歴史

今から遡ること、1971年(昭和46年)に絶対不可能と言われたマスキー法をクリアしたのが

ホンダシビック(CVCC)なのだ。

有鉛ガソリンが当たり前の時代に、無鉛ガソリンを使い環境汚染を減らすため

アメリカでは「大気清浄法、環境規制「マスキー法」が議会で可決された。

「マスキー法とは」

大気汚染の原因である

「一酸化炭素」と「炭化水素」を1975年から、

「窒素酸化物」を76年から、ともに従来の10分の1に

削減した車でなければ販売を認めない

それまでは、大排気量・大出力がもてはやされていたが、

この規制をクリアしなければアメリカ本土で

クルマを販売することはゆるされないと言う

過激な内容だった。

ホンダを除く、世界中のクルマメーカーはそんなエンジンを作れっこないと

サジを投げたが、当時まだ名前も知られていない、「ホンダ」が合格第1号となる。

今でこそ排気ガス(光化学スモッグ)でニュースになることはなくなったが、

昭和45年当時は、東京など大都市では、光化学スモッグ警報を出すなど

公害問題はアメリカだけの問題ではなかった。

つまり、日本のホンダを世界のHONDAに名を轟かしたのは

「CVCC-シビック」なのだ。

シビックといえば「走りの原点」

同一車種でレースをする「ワンメイクレース」

今では当たり前ですが、原点は「シビックレース」だと言うこと

あなたは知っていましたか?

シビックワンメークが初めて開催されたのが、1981年。

多くのプロドライバーを輩出し、惜しくも2013年で幕を閉じた。

ホンダシビック/SB1型

SB1

ワンダー・シビック/AT型

AT型

グランド・シビック/EF3型

EF3

スポーツ・シビック/EG6型

EG6

ミラクル・シビック/EK4型

EK4

タイプR-EK9型

EK9

タイプR-FD2型

FD2

(画像はWikipediaより)

2013年までホンダは長くワンメイクレースを開催し続けていた。


<スポンサードリンク>




新型タイプRが夏に発売

オートサロンで執行役員・日本本部長が発表した内容によると

日本仕様のシビック・ハッチバックとシビック・セダンの

パワートレーンには、力強い走りと燃費性能を

両立した1.5リッター直噴VTECターボエンジンを搭載します

これまでのモデルのようなNA(自然吸気エンジン)がなくなり、

「1.5リッター直噴VTECターボエンジン」が搭載される。

ショッキングな話ではありますが、

ターボといえば「ホンダ」と言われるほどなので

走りには期待できる、はずです・・・。

『新型シビックタイプR外観』

「フロントマスク」

fc1

「右リアビュー」

fc2

「リアビュー」

fc3

「右フロントビュー」

fc4

『ホンダF1黄金期』

1987年たった1500ccのF1・モンスターマシーン!

今回のシビックタイプRに載るだろう1500ccターボは

すでにF1で連勝続きの技術なのだ。

驚くことに、レース本番仕様では(公称:1050馬力)

もっと驚くことに、予選タイムアタック仕様(公称:1500馬力)

出ていたと言われています。

1988年にはマクラーレンと共に戦い、圧倒的な強さで全16戦中15戦で優勝を飾る。

「ネルソン・ピケ」「ナイジェル・マンセル」のウィリアムズ・ホンダ勢

「アイルトン・セナ」と日本人初のF1フルエントリードライバー「中嶋悟」

のロータス・ホンダがこのエンジンを使っていた。

つまり、1500ccターボとバカにできない、と言うことです。

外観を見る限り、どことなくインプレッサに似ている、リアなんかまんま!

Fブレーキはキャリパーは赤くなっているので

ブレンボか無限オリジナルか?

残念なことにFディスクローターはベンチのみでドリドリローターではないこと・・・。

多分、カーボンローターかスリット入りがオプションで設定されるだろう。

価格は、競合を見て見ると

スバル:WRX・STI・・・『379.08万円〜』

wrx

スバル:IMPREZA2.0i-S・・・『2592000円』

インプレッサ

スバル:BRZ-GT・・・『3407400円』

BZR

トヨタ:86GT“Limited・High Performance Package”

・・・・『3,461,400円』

86

(画像はメーカーHPより)

このカテゴリが競合になると予想されるので

新型シビックタイプRの価格はズバリ!

・・・・『350万円』

良いとこかな・・・???

発売をジーっと待つとしましょうか。

ちなみに管理人の私が一番最初に買ったクルマは

シビックなのだ!プロフィールはこちら

トップ画像は「HONDA公式ホームページ」より