チャイルドシートは愛する我が子を交通事故から守ってくれます。

しかし、初めてチャイルドシートの購入を考えている人にとって

簡単に取り付けられ、新生児に優しいものはどれか?

ここでは、チャイルドシート新生児用にピックアップしています。

初めてのママでも簡単・手軽な人気、おすすめ商品を紹介!


<スポンサードリンク>




チャイルドシートの基本

チャイルドシートには、使う年齢によって分けられています。

・ 乳児用

対象年齢:新生児から12ケ月くらい

目安体重:体重10kg未満

新生児は首がすわっていないため、寝かせるタイプになります。

後ろ向き使用「シートタイプ」横向き使用「ベッドタイプ」に分けられます。

・幼児用

対象年齢:1〜4歳くらい

目安体重:9~18kg

目安身長:65~100cm以下

首がしっかりし、自分自身で座れること

基本的には、「前向きシート」として使用

・ 学童用

対象年齢:4〜10歳くらい

目安体重:15~36kg

目安身長:身長135cm以下

大人用のシートベルトでは身長が低くなり、首やお腹を圧迫するので

「座面を上げて背の高さを補う」

「腰ベルトの位置を子供の腰部に合わせる」

ことによって大人用のシートベルトを兼用する。

新生児用チャイルドシートの基本

新生児用のチャイルドシートを選ぶときは「激安品」だけは避けてください。

なぜなら、安全基準が保たれていない、または粗悪品が出回っているからです。

せっかく安全と安心のため、高いお金を払って購入したのに

交通事故で子供が投げ出されれ、怪我してしまった!ではもったいないのです。

『適合マーク』

チャイルドシートの安全は、国の規格で決められています。

それが、「Eマーク」と呼ばれるものです。

例えば

この製品の場合、

対象体重の範囲、チャイルドシートの種類、許可した国がわかります。

注2:チャイルドシートの種類

・ UNIVERSAL(汎用)

・ SEMI UNIVERSAL(準汎用)

・ RESTRICTED(限定)

・ SPECIFIC VEHICLE(特定車両用)

装置を認可した国の番号

 例:E1(ドイツ)、E43(日本)等、国の番号の詳細はこちら(PDFで開きます)

新生児・乳児用おすすめ

チャイルドシートのおすすめは人気商品と違うかもしれませんので、

その点は予めご了承ください。

『コンビ EX COMBI グッドキャリー YW:33,000円(税別)』

1台3役(ベビーシート、ベビーキャリー、ラック&チェア)新生児用チャイルドシート

メーカーHPはこちら

「参考価格:Amazon:17,101円」

『Aprica ディアターン プラス:38,000円(税別)』

赤ちゃんのからだをまっすぐに支える唯一の平らなベッド型・・・赤ちゃんの理想的な生育に

頭と首を安定させ、気道を圧迫せず、腹式呼吸を妨げない自然な姿勢を保ちます

※日本国内で販売している回転式チャイルドシートにおいて 2015年1月現在 アップリカ調べ

メーカーHPはこちら

「参考価格:Amazon:29,700円」

『カーメイト エールベベ クルットNT2プレミアム:参考価格:39,170円(価格コム)』

1. 360°片手ワンステップターン

ロックを解除するだけで楽にターン操作が可能。片手で赤ちゃんを抱っこしたままスムーズにシートを回転できます。

2. すやすやサンシェード
 
ビッグなドーム型のサンシェードだから、赤ちゃんの足元までしっかり覆って、紫外線や日差しから赤ちゃんをガード。

3. らくらくウォッシャブルカバー

カバーの取り外しが簡単だから、気軽に外して洗濯できます。いつでも清潔な状態をキープ。

メーカーHPはこちら

ま と め

チャイルドシートを決めるときのポイントは、1台で何歳まで使うか?

新生児から1歳、そこから幼児用と買い換えるのは負担になりますよね。

だからこそ、迷ってしまうのではないかと思います。

私個人的なおすすめは、「Aprica」フラディア グロウスタンダード55,000円(税込 59,400円)です。

おすすめポイント1:新生児が一番楽な「寝てる」体勢にできる

おすすめポイント2:幼児になっても使える

おすすめポイント3:洗える

子供を乗せると汗やよだれ、お菓子まみれになるのでジャブジャブ洗濯できるのがいいです。

おすすめポイント4:新生児〜4歳までカバーしてくれる

経済的にとっても優しいし、コスパがとっても良い(年間14,850円)

メーカーHPはこちら」 

「参考価格:Amazon:56,160円」


<スポンサードリンク>