マツダサバンナRX-3の後継車であるRX-7(SA22C)は、

オイルショック間もないころに誕生した12A型ロータリーを積むスポーツ・カーであった。

旧車に分類されるようになり、サバンナRX-7の姿を見ることもなくなりました。

旧車になる前は、79年のデイトナでは初参戦でクラス優勝を果たすほど

そのポテンシャルは高く、しかし価格もお手ごろだったことで

多くの愛用者がいるのもRX-7の魅力の1つだと思います。




ガソリン垂れ流す、サバンナRX-7

マツダRX-7(SA22C)が発売になったのは、昭和53年。

その当時はガソリンが高騰し、環境問題からマスキー法と呼ばれる

排気ガスの締め付けが一段と厳しくなった時代背景の中、ロータリーエンジンを搭載した

マツダRX-7が誕生したのだ!

当時としては珍しい、ヘッドライトが格納する「リトラクタブル方式」を採用し、

空気抵抗を極限まで少なくし初期型の空気抵抗係数(Cd値)は0.36をマーク。

ボンネットに納められた12A型ロータリーはおむすび型のロータを2個合わせたもので

・ 最高出力:130ps/7000rpm(グロス)

・ 最大トルク16.5kg・m/4000rpm

・ パワーウェイトレシオ7.6~7.8kg/ps

馬力はそれほど大きいわけじゃないけど、車体が軽いのが特徴。

国内仕様は、4人乗りになっていたが、海外仕様は2シーターモデルが主流。

後部座席は大人が乗るには窮屈すぎ!

子供二人ならなんとか座れる、と言った感じだと思ってもらえばいいでしょう。

実際に乗ったRX-7turbo.GT.LTD

昭和57年(1982年)には、待望のロータリーturboが登場!

当時の2000ccクラスではあたり前だった馬力を手に入れたRX-7は、早かったのだ!

RX-7

それもそのはず、

・ 最高出力:165ps(グロス)

・ 車体重量:1020kg(GTターボ)

・ パワー・ウェイト・レシオ:6.18kg/ps

今でこそ、驚くような数字ではないが、当時としたら

「BMW:5シリーズ ツーリング E34、2.5l」と同じパフォーマンスだったのだ!

かたや排気量2.5l、1200ccのロータリーです。

どれだけ早かったのは、想像できるはずです。

速さと引き換えにメチャクチャ燃費は悪かった。

ターボをビュンビュン効かせて走っていると、瞬く間のうちにガソリンメーターが下がるのがわかるほど。

そして、お世辞にも「大人が4人乗れる」は嘘で、子供でも窮屈そうでした。

いつもは1人だけで運転するからシートはあまり気にならない。

そして、私が乗っていたのは、『サバンナRX-7ターボGT LTD』で

スピーカーがボーズ標準装備だったのです。

ターボのキーン!と言う軽快な音と耳障りのいいスピーカーでドライブは快適だったのを覚えています。




RX-7はアメリカで大人気

1978年から7年半にわたりオイルショックにも耐えながら

生産を続けたRX-7(SA22C)にはこんな絶賛の声もあったのだ。

「運転する楽しみの追求」をテーマに開発されたこのクルマは、

フロントミッドシップならではの低くてシャープなフロント、

空気力学を重視した低く大胆なウェッジ型ボディ、

そしてグラスハッチバックなどを採用、世界中から賞賛を得た。

「スタイルは見るだけでワクワクするし、洗練されている。

操縦性も”素晴らしい”の一語に尽きる!」

(当時の世界ジャーナリスト連盟会長 故フレール氏。)

この当時は、日産フェアレディ240Zやポルシェ911がライバルのレース界で

前人未踏のIMSA(*)通算100勝を挙げる快挙を成し遂げていた。

最近のクルマは操る楽しみが減った!と言われていますが、

RX-7はそれこそ操る楽しみだけが、コックピットに伝わってくる、

そんなクルマだったと今でも思っています。

ま と め

旧車・名車の第1号はどれをチョイスしようか迷ったけど、

自分が実際に乗ったクルマを紹介したいと思って

「マツダ、サバンナRX-7」にしました。

ロータリーが好きなのは、あのどこまでも回り続けるエンジン。

回すほど楽しくなるエンジンはロータリーの醍醐味です。

それにプラスされた「turbo」が速さを手にいれることで

信号グランプリで負けたことは無かった、かな?

それほど「ワクワク・ドキドキ」したクルマでした。

本日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

あなたのカーライフに少しでもお役に立てば嬉しいです。