軽自動車でもタイヤは一定期間で交換が必要です。

減ったタイヤは燃費が悪くなるばかりか、雨の路面ではスリップしてとても危険です。

また、最近流行りのN−Boxに代表されるハイトールワゴンは重心が高いので

タイヤの減りは早くなります。

では、どの時点でタイヤを交換したらいいのか?

交換時期を見極めるサインとは・・・。

現役メカニックが見た!こんなタイヤは今すぐ交換だ。




<スポンサードリンク>






軽自動車のタイヤ交換目安

タイヤは命を乗せている!

あなたは知っていましたか?

タイヤが道路に接地している面積は、「はがき1枚」だと事を・・・

『はがきの大きさ』

軽自動車に限ったことではなく、フェラーリやアルファード・ヴィッツでも同じなのです。

たったはがき1枚の大きさで「止まる」「曲がる」「走る」そして車重を「支える」事が
要求されるタイヤは気にされない存在ですが酷使されているのです。

だからこそ日ごろから「タイヤ」に気配り=メンテナンスは必要なのです。

※ タイヤの種類によってグリップ性能が高いなどの差はあります。

では、何を基準に交換すればいいのか?

詳しく見ていく事にしましょう

軽自動車のタイヤの交換時期確認方法

タイヤのチェック方法は「外観」「空気圧」の確認です。

『空気圧』

タイヤは「空気圧が命だ!」と言われるほど、空気圧に依存しています。

いくら高性能のタイヤでも適正空気圧が入っていなければ性能を発揮することはできません。

『タイヤ空気圧が減る原因』

1:新品タイヤの馴染み

新品タイヤに初めて空気を入れるとベルトなどの部材が伸びます。

その結果タイヤは一回り大きくなる(大げさですが)のでその分空気が減ります。

その減った分は補充が必要になります。

おおよそ新品タイヤに交換してから約1ヶ月間で10~20kPa空気圧が減少するといわれています。

2:亀裂などで空気が漏れる

亀裂などがなくても物理的に1ヶ月間で10~20kPaが自然に抜けるといわれています。

例えば、今日もらってきた風船が日に日にしぼんでいき最後はすっかり無くなる

あなたにも経験があると思います。

もし、頻繁にエアを補充しなくてはいけない場合、エア漏れを起こしている可能性があります。

「空気を補充するポイント」

タイヤの空気圧は車種ごとに決まっています。

メーカーが決めた指定空気圧は運転席ドア内側にすぐ解るようになっています。

『HONDA N-WGNの場合』

ただし・・・。

メーカー指定空気圧はあくまで、純正タイヤサイズの場合です。

「HONDA N-WGN」の場合、タイヤサイズは155/65R14・・75Sです。

このサイズ以外の適正空気圧は一覧表があるのでそれで確認します。

例えば「165/55R15・・75V」にインチアップした場合

『適正空気圧:230〜240kPa』なら安心です。

この根拠は「N-WGN タイプG 4WD」の車両重量が880kg。

4人乗車した場合、車両重量が約1100kg(1人当り:55kg)なので1本にかかる荷重は275kg
なので275kg以上になれば良いのでメーカー指定空気圧でOKという事に。

適正空気圧を知りたい場合「空気圧別荷重能力対応表:pdf」で確認できます。


『外観』

タイヤを“じーっと”見ると「△」があるのは解ると思います。

「残量1.6ミリ以下は法律違反で走行禁止」

滑り止めの溝は1.6mm
(二輪自動車及び側車付二輪自動車に備えるものにあっては、0.8mm)
以上の深さを有すること。

『ダンロップYouTube』がとても分かりやすい

タイヤは転がるたびに減ります。

そして溝が少なくなると排水性が低下し制動距離が延びます。
その境になるのは概ね新品の70%減ると性能は低下しはじめます。

新品夏タイヤの溝深さは約8mmでその70%ですから、残溝約2.4mmになったら交換すべきでしょう。

『スタッドレスタイヤにもスリップサインはあるのか?』

ずばり!あります。

安全走行の為、雪道や凍結道路ではスタッドレスタイヤは必要です。

だからと言って「スタッドレスタイヤ」を履いてるからと安心ではありません。

なぜなら、溝深さが新品時50%以下になると冬タイヤとして使用することは出来ません。


(画像引用:横浜タイヤサイト)

各都道府県で使用を禁止する条例が出ています。
都道府県別のチェーンとタイヤの規則に関する道路交通法施行細則・道路交通規則


ただし、夏タイヤと使用する事は可能ですが、その場合には「スリップサイン」が使用限界値です。

スタッドレスタイヤ新品時の溝深さは約9〜11mm程なので、4.5〜5.5mmになれば交換が必要になります。

タイヤの使用年数

夏・スタッドレスタイヤはゴム製品なので経年劣化し硬くなりひび割れを起こします。

使用方法や保管状況によって使用期間は変わってきます。

特にタイヤの横に『クラック』が入っている物は状況によっては
早急に交換が必要です。

例えばこんな状態 

使用した年数を知りたいのであれば、製造年月日を知れば何年間使用しているか、がわかります。

その方法は

タイヤの側面にはホイールに近い位置に製造番号が刻印されています。
但し、タイヤの片側にのみ表示のため、車両に装着した状態では確認できない場合もあります。

製造番号のうち、ゴムの中にへこんだ文字で下4桁(例2412)の数字が製造年週を示しています。
最初の数字24は週(24週目【6月】)を、最後の数字12は年(2012年)を示します。

1999年以前に製造されたタイヤについては、下3桁(例109)の数字が製造年週を示しています。
最初の数字10は週(10週目【3月】)を、最後の数字9は年(1999年)を示します

『ダンロップYouTube』がとても分かりやすい

軽自動車のタイヤ交換はネットで購入がおすすめ

タイヤはどこで買っても同じ、それは一昔前の話です。

例えば、
ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ NEXTRY 「155/65R14 75S」

Amazonだと1本:3,428円〜3,900円

価格.comで調べると1本:2,691円〜3,340円

この他にかかる費用は組み替え・バランス代が必要になりますよ。

また、お店によっては「廃タイヤ処分代」が追加になる場合もあります。

これらの作業料金はそれほど差はありません。

なので、ネットで購入し持ち込みで交換する方がトータル的には安く済むはずです。

ネットが安いのは、在庫を持たない、固定費が莫大にかからない

そして大量販売実績があるからメーカーからの卸値が安くなる事も影響しています。

ただし不安なのは

・ 製造年が古い物がくるかもしれない不安

・ 交換するお店まで運ぶのが面倒

ですよね。

「新品タイヤを安く取付け・購入ができるか」

ネット通販大手『Amazon』を賢く使うのです。

Amazonで購入したタイヤは交換先のお店に直送してくれます。

そして、評価を参考に出店先を選べば「古いタイヤ」は送られる事はないです。

このマーケットプレイスも評価を見て探します。

しかも価格も送料も安いところを選び、納期もきちんとチェック。

Amazonではタイヤ組替セット(バランス調整/廃棄込)-14インチ-4本と呼ばれるサービスがあります。

これ

あなたが住んでいる近くの整備工場を紹介してくれるサービスです。

このチケットを買ったらメールが来て、付けるタイヤとサイズ、車種、などを詳しく聞かれて答えます。

交換するお店が決まったら、Amazonでタイヤを購入して交換するお店の住所や連絡先を教え
そこに今回購入したタイヤを直送してもらうだけ。

期日になったらあなたは「手ぶら」で指定されたお店に行くだけ、です。



ま と め

ない物が無いと言われるAmazon、流石としか言いようがありません。

せっかく安くタイヤを買っても大きく重いタイヤが自宅に送られて来たら困ってしまいますよね。

そこで交換するお店に直送して貰えたらどれだけ楽か・・・。

楽だし安いし、これからはネット通販が主流になるもの解る気がします。