ヘッドライトをハロゲンからHIDにする時、意外に知られていないのが数字が大きければ明るい!と勘違いする事
しかし、せっかく大金を叩いて購入したHIDキットが実はハロゲン球より暗いと言う事実をあなたは知っていましたか?
これからヘッドライトをハロゲンからHIDにする初心者に「ここに注意すれば完璧ポイント」を教えましょう。
ここを読んでからでもHIDを購入するのは遅くない!




<スポンサードリンク>






ヘッドライトHID化はここが重要、要初心者必見

クルマのヘッドライトをHIDにしたから絶対明るい!
そんな妄想を覆すショッキングな実験をしてみましたよ。
実験に使用したクルマ情報
『ワゴンR』
・ 年式は古い(忘れてしまったのだ)
・ ヘッドライトはプロジェクタータイプ

「ヘッドライトの違い」
・ 向かって左→ノーマルバブルハロゲンタイプ
・ 向かって右→HID(6000k)


※ ヘッドライト自体は薄汚れあり
ヘッドライトは車検にも関係ある部分で最低光量が法律で決まっています。
現在の車検の検査合格ラインはロービームで6400カンデラないと車検には通りません。

「驚くべき測定結果(T.T)」

ハロゲンの場合→106cdあり合格

カットラインにも注目ね!!
HIDの場合→25cdで不合格

ピンボケで分かりずらいと思いますが、数字が緑か赤で合格判定をしています。
そして、HIDの場合光軸がずれているのがお分かりになると思います。
ハロゲンの場合、カットラインが基準値に入っていますが、HIDの場合基準値外です。

つまり、HIDを選ぶ時数字のトリックで逆に暗くなってしまう、と言うことです。
そしてここ重要!HIDに交換したら必ず「光軸調整」をすること。
でないと、対向車からパッシングの嵐を浴びせられること間違いなし、ですよ。

ヘッドライトのハロゲンからHIDに交換する時の注意点とは

クルマのヘッドライトには使われている電球によって4種類あるのは知っていましたか?

「その1:シールドタイプヘッドライト」

電球とレンズが一体化し、球だけの交換ができないヘッドライト球で現在では使われていません。(旧車はまだこのタイプが残っている)

シールドビーム (sealed beam lamp) は、レンズおよびリフレクター(反射板)を組み込んだ白熱電球のことである。
発光フィラメントと不活性ガスを充填した点では従来の白熱電球と同じ構造であるが、
光線を一方向へ向けるために電球の一部に反射板を設けたものである。

「その2:ハロゲンタイプヘッドライト」

現在多くのクルマがハロゲンタイプを使用しています。
ヘッドランプの基本構造はレンズ、反射鏡、光源の3つの部品から作られていてライトが切れた場合バルブ交換だけで済むので経済的。
例えばこれがハロゲン球

PHILIPS(フィリップス) ヘッドライト ハロゲン バルブ H4 3400K 12V 60/55W レーシングヴィジョン RacingVision 輸入車対応 2個入り  12342RVS2

「その3:HIDタイプヘッドライト」

遠くまで照らし指向性が強いので光軸調整しないと対向車が幻惑してしまうほどの威力がある。
メーカーによって呼び名が「デスチャージ」「キセノン」「HID」となっているけど全てがHIDヘッドライトです。

ディスチャージヘッドランプ(Discharge headlight、放電式ヘッドライト)は、
従来の白熱電球(ハロゲンなど)に替わって、メタルハライドランプなどのHIDランプを使った自動車や鉄道車両の前照灯である。
メーカーによって、HIDヘッドランプ、キセノンヘッドランプ、ディスチャージヘッドライトなど、呼び方はさまざまである。

例えばこれが純正HID交換タイプのHID

fcl(エフシーエル)公式HP

「その4:LEDタイプヘッドライト」

LEDヘッドランプは消費電力がハロゲン球より少なく光量はHIDより多いのでこれからはLEDが本格的に出回ってくるでしょう。

例えば、H4型のハロゲンはハイビームで60w、ロービームが55w必要なところLEDならハイ/ローともに37wと如何に消費電力が少なくて済む。
そして製品自体の寿命も長くなり、経済的と言えます。

しかし、LEDの特性上100度以下に冷却しなければいけないのでヒートシンクや冷却ファンの取り付けが必要になってきます。
車種によってはLEDが付かない可能性も出て来ます。

例えば、これがLEDヘッドライト

HIDと比べてヒートシンクがついている事で本体の形状が全く違います。
fcl(エフシーエル)公式HP

ヘッドライトの違い(歴史)を振り返ってみましたが、その進化にはとても驚きです。
昔はシールドビームからハロゲンにレンズごと交換してそれこそ「明るい!!」と驚いていたのが今では消費電力を少なくしそれでいて「眩しい程明るく」なっているのですから〜。
では初めてのHIDを購入する時の注意点を幾つかまとめてみました。。。

初めてHIDを購入する初心者向けアドバイス

『HID製品でよく目にするケルビンとは?』
初心者のあなたが一番迷うのに「ケルビン数」ではありませんか。
ケルビンとは簡単に説明すると「色の温度」を指します。

もしもっと深く光の事を知りたいのでしたらこちらのサイトが丁寧に解説しています。(画像もこちらのサイトからお借りしました)
・ ケルビン数が低いと『赤みを帯びる』
・ ケルビン数が高いと『青みを帯びる』

実際のHIDで見てみる↓これ

純正HIDのケルビン数は概ね5000〜6000の間ですね。
中には8000ケルビンとか付けているクルマも実際にありました。
が、車検は全く通らない程暗く、雨の日の夜は全く見えないでしょう。
そんな事があったのでこの記事を書いて見たのですが・・・。

車検対応で見た目もスタイリッシュなのは5000〜6000ケルビンです。
ハロゲン球のような黄色味帯びた色だと雪や雨の日でも安心走行できますよ。
でも、せっかくHIDにするからには見た目も重視したいし。

ま と め

夜間走行はヘッドライトの光の範囲しか見えません。
それでなくても昼間とは全く視界が変わるので12000Kとか売っていますが(雨天は絶対走行不可)実用的でかつ車検対応の製品を絶対に選ぶべきです。
先が見えないヘッドライトで万が一、人身事故を起こしてしまっては「後悔しきれませんよ」