軽自動車のナンバーを変えるのは大変だ!面倒だ!と思っている人必見

軽自動車のナンバー変更や希望番号変更は誰でも簡単に行うことができます。

ナンバー変更を簡単に行うには、事前の予備知識は必要になってきます。

そこで軽自動車のナンバー変更、希望番号の取り方を分かりやすく解説します。



<スポンサードリンク>






軽自動車のナンバー変更には2パターン

軽自動車のナンバー変更は普通車のような「封印」が無いので取り外しは簡単です。

前と後ろに2箇所づつ付いているネジを外すだけでナンバープレートは簡単に外せます。

ネジの真ん中にプラスの切り込みがあるので、プラスドライバーが必要です。

もしキツくて回せない時は10mmのメガネ・やスパナを使ってね。

『プラスドライバー』

『メガネレンチ・スパナ』

軽自動車のナンバー変更ですが、実は変更自体2パターンあるのです。

軽自動車ナンバー変更手順

1:ランダムナンバー変更

2:希望番号へナンバー変更

※ 名義変更の時、同時にナンバー変更が必要なこともあるので別記事で細かく書きますね

1:ランダムナンバー変更

・・・自動的に選ばれるナンバーへ変更

「必要なもの」

・ 印鑑(認め印可)

あなた自身で行う場合は『認印または署名』

代理で行う場合は『委任状』が必要です。

・ 車検証

ナンバー変更しようとする車両の車検証

・ 自動車検査証記入申請書(軽第3号様式)


書き方:

1:現在のナンバーを記入

3:車台番号(下7けた)を記入

4:使用者氏名を記入

5:新使用者欄に車検証上の使用者氏名・住所を記入

※ 用紙は軽自動車検査協会で入手できます

・ 軽自動車税申告書

※ 用紙は軽自動車検査協会で入手できます

・ 現在使用中のナンバープレート

・ プラスドライバー・メガネ、スパナ


『必要な費用』

・ ナンバープレート代

都道府県でナンバープレート代は変わりますが、

沖縄だと1,880円で東京では1,440円です。

あなたが住んでいる場所のナンバー代はこちらのサイトが便利です。

・ 自動車検査証記入申請書・・・50円程度

・ 軽自動車税申告書・・・無料か50円程度

2:希望番号変更

・・・あなたが希望するナンバーへ変更

希望番号とは、例えば「誕生日」や「結婚記念日」などのような大切な日を忘れないように
軽自動車のナンバーにしてしまおう、と言う任意で登録番号を決めることができる方法です。


画像の例だと『◯◯580◯8418』の『8418』の部分だけです

「希望ナンバー手続き方法」

希望ナンバーには、「一般希望番号」「抽選対象希望番号」があります。

「一般希望番号」と「抽選対象希望番号」の違いとは

「一般希望番号とは」
抽選対象番号を除くすべての番号を一般希望番号に該当します。

「抽選対象希望番号とは」
取得したい番号が多くなる、例えば『1』とかが抽選番号になります。

・ 全ての事務所・支所において抽選対象希望番号となるナンバー

・ 特定の事務所・支所において抽選対象希望番号となるナンバー

※ 希望ナンバーは、注文生産の為予約からナンバープレートの交付まで土・日・祝日を除く4日間程度かかります

『一般希望番号』
予約申込みが月曜日の場合 木曜日に交付

注意:ナンバー変更ができるのは、申し込み後1週間後になります。

『抽選対象希望番号』
翌週の月曜日に抽選、当選者は予約申込み 木曜日に交付

注意:ナンバー変更ができるのは、申し込み後約2週間後になります。
もし、抽選に当たらない場合、再度抽選に申し込みするので
ナンバー変更できる時期が遅くなります。

「希望番号申し込み方法」

ネットから希望番号の申し込みが可能です。

「流れ」
「抽選対象番号」「一般希望番号」とでは一部手続きが変わります。

・ 必ずお手元に「車検証」を持って来て置くこと

『申し込み方法』

ステップ1:申し込みサイトで必要事項を入力

ステップ2:受信メールから申し込み

『希望番号サイト』はここをクリック

分かりにくい用語:

・ ナンバーには「ペイント」と「字光式」があります。

「ペイントとは」・・・一般的なナンバープレート

「字光式とは」・・・ナンバー自体が光る

・ ナンバーは前後で2枚必要・・・「中判2枚」


ステップ3:ナンバー代を払う

「一般希望番号」・・・申し込み完了後ナンバー代を指定された口座に振り込む

「抽選対象希望番号」・・・当選したらナンバー代を指定された口座に振り込む

交付手数料(ナンバー代金)

四国では希望ナンバー代は、3,980円ですが奈良県だと、4,320円になります。

各県の希望ナンバー代金早見表はこちらから

ステップ4:予約済証を受け取る

予約済証の有効期限は、『番号標交付可能年月日以降、1ヶ月間』です。

返金はありませんので、期間内にナンバー変更を完了させてください。

では、予約済証は「何時、どこで」受け取れば良いのか?

「何時から」

・ 一般希望番号で申し込みした人は、「ナンバー代を振り込みした日」以降
・ 抽選対象希望番号で申し込みした日は「当選しナンバー代を振り込みした日」以降

「どこで」

・ 希望番号予約センターで引き取る

全国希望番号予約センターはこちらから確認できます
※ 申込内容の後日訂正は出来ませんので、申込時慎重に内容を入力してください

ステップ5:軽自動車検査協会でナンバー変更

軽自動車検査協会に行き、ナンバー変更手続きをします。
全国軽自動車検査協会はこちらから検索できます。

ま と め

今回まとめた軽自動車のナンバー変更は、既にあなたが使用者になっている状態なので
それほど難しくはありません。

なぜなら、使用者本人だからもし、記入が間違っていても訂正できるからです。

これが、名義変更になると難易度は上がります。

特に気をつけて頂きたいのは、希望番号の申し込みの時
車検証の車台番号の入力には注意してください。

1文字でも違っていると、ナンバー変更ができません。

それに支払ったナンバー代が無駄になってしまいます。

手元に必ず車検証の原本を準備し、確実に入力することをおすすめしまう。