amazonで購入したドラレコやタイヤをオートバックスで取り付けてもらえるサービスがあるのをご存知ですか?

自宅にいながら欲しい商品も選べ、オートバックスに直接アマゾンが送るサービスです。

そこで、ドライブレコーダーやタイヤの取り付け工賃はいくらなのか?

メリット・デメリットとは、を検証してみた。



<スポンサードリンク>



アマゾンで購入できる商品は?

amazonで買った用品をオートバックスで取り付けてくれるサービスはこれ

オートバックスで取り付けてもらえる商品と工賃一覧


『タイヤ』

・ タイヤ・ホイール(17インチ以下)・・・1,500円〜/1本

・ タイヤ・ホイール(18インチ以上)・・・2,500円〜/1本

タイヤ交換工賃に含まれるもの・・・脱着+組込+バランス合計

「脱着」

クルマからタイヤがホイールに組まれた状態で外し、ホイールに組まれた状態のタイヤを取り付ける作業

「組込」

タイヤが組まれていないホイールにタイヤを組み込む作業

「組替え」

タイヤがホイールに組んである状態から、タイヤとホイールを分離させ再度タイヤを組込む作業

「バランス」

クルマから外したタイヤが組み込んであるホイールをバランスを取る作業

(タイヤ交換料金に「タイヤ処分料」「ゴムバルブ代」「チッソガス充填代」は含まれていません。)


『ETC車載器取付』

・ ETC車載器・・・4,300円〜

ETC車載器本体の取り付け、シガライターの裏電源・ヒューズボックスからの電源設置作業

セットアップをしないと正常に作動しません。
目安となる工賃・・・3,000円〜
つまり、車載器本体+取付工賃+セットアップ料金の合計が必要になります。


『ドライブレコーダー取付』

・ ドライブレコーダー・・・6,500円〜

ドライブレコーダー本体の取り付け、シガライターの裏電源・ヒューズボックスからの電源設置作業

防磁ガラス車は、取付ができません。

「防磁ガラス・熱反射ガラスとは」

フロントガラス表面に金属酸化物を焼き付けされた物で、
紫外線や赤外線、電波を通しにくいガラスです。

一部にはガラス上部に電波受信部分を作ってあるため
ナビGPSやETCなどはそこにアンテナを付けるようになります。


『カーナビ・オーディオ取付』

・ カー・ナビゲーション・・・22,000円〜

・ カー・オーディオ・・・5,500円〜

オーディオ配線は、車両配線に電源アダプターを使用した作業が基本です。

外部アンプ・追加アンプのバッテリー直電源、
純正取付位置以外の取付は、別料金となります。


『バックカメラ取付』

・ バックカメラ・・・16,000円〜

バックカメラの取付位置は、純正オプション取付位置の作業までです。

別途フィッティングキットや純正部品が必要となる場合は別料金となります。


『サスペンション・車高調取付』

・ サスペンション/車高調・・・16,000円〜

フロント/ストラット式サスペンション、リア/リジットアクスル(トーションビーム)式サスペンションの作業料金です。


『マフラー交換』

・ マフラー・・・5,000円〜

シングルマフラー車両の作業料金です。


『シート交換』

・ シート・・・6,500円〜

電動シートは別料金になります。


『ステアリング交換』

・ ステアリング・・・5,000円〜

エアバッグ付き・無しで作業料金が変わります。

ステアリング交換には、別途、車種に適応したボスが必要となります。
つまり、交換料+ボス代の合計が必要になります。


『シートカバー』

・ シートカバー・・・4,000円〜

目安として、シート1列あたりの作業料金です。
(例:運転席+助手席を1列)

・ TVチューナー/アンテナ・・・11,000円〜

・ レーダー探知機・・・4,000円〜

オートバックスで取り付けをしてもらえる用品が解ったところで
次は、「申し込み」をします。

と、その前に闇雲に『amazonで購入した』のが条件ではないので
そこの確認方法を・・・。

オートバックスで取付できるamazon商品の確認方法

ここまでが『Amazonで購入した用品』の工賃目安です。

そして、ここが一番注意点!!

全てのクルマ用品が対象ではないのです。

Amazonには「アマゾン直接販売品」「量販店販売品(セラー商品)」があります。

それがこれ『Amazon直接販売品』

商品説明に
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
が記載されている物が対象になります。


『量販店(セラー商品)』はこれ

商品説明に
この商品は、CHORTAUが販売し、Amazon.co.jp が発送します。
が記載され、その内容が「CHORTAU」と言う会社が販売しています。

この商品はオートバックスでは取り付けてもらえません。


『例:取付可能なドライブレコーダーなら』



タイヤも同じで『Amazon直接販売品』『量販店販売品(セラー品)』があります。

それがこれ『Amazon直接販売品』

商品説明に
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
が記載されている物が対象になります。


『量販店(セラー商品)』はこれ

商品説明に
この商品は、タイヤパンクが販売、発送します。
が記載され、その内容が「タイヤパンク」と言う会社が販売・発送しています。

この商品はオートバックスでは取り付けてもらえません。


『例:取付可能なタイヤなら』



※ 注意:取付サービスを行っていない店舗もあります

アマゾンで購入した用品をオートバックス予約申し込み方法

オートバックスに予約するサイトはこちらから

『Amazon購入から取付までの流れ』

ステップ1;商品購入

Amazonで欲しい商品をチョイス。

注意点は、「Amazonが販売・発送します」を必ず確認すること!

ステップ2;商品送り先をオートバックスにする

Amazonで購入した商品は基本的には、あなたの住所に届くようになっているはずです。

その送り先住所を近くのオートバックスにする必要があります。

やり方はとても簡単です。

Amazonのサイトに入ると右上にあなたの名前を確認してください。
そこの「アカウント&リスト」から送り先住所を指定します。

ステップ3;商品送り先新規作成

Amazonサイトの「アカウント&リスト」をクリックするとこのような画面に変わります。

『アドレス帳・・・登録住所の変更、追加』をクリック

『近くのオートバックス店住所など記入』

近くのオートバックスの住所がわからない場合はこちらから検索

全て記入が完了したら『住所を追加』をクリックすれば追加登録完了です。

ステップ4;オートバックス予約方法

アマゾンから購入した用品の送り先を『オートバックス店」にしたら
次は、作業予約をしなくてはいけません。

『Amazonで購入した用品の取付予約』サイトで予約します。


このサイト(Amazonで購入した用品の取付予約)から予約をします。

予約画面になったら、詳細を入力します。
もし、車両情報が分からない時は『車両情報確認方法』をクリックしてください。

車両情報の確認方法・・・車検証で確認

車検証の確認方法がこれです

全て入力が完了したら、注意事項を良く読んでください。
入力した内容に間違いがなければ、一番下にある注意書きにチエックを入れ『確認画面』をクリックします。
『私は当サービスに関する利用規約に記載された事項に同意するとともに、注意事項を確認した上でサービスに申込みします。』

ステップ5;オートバックスから連絡待ち

予約が完了すると、お申し込み先オートバックス店から連絡がきます。
あなたの希望する日時が空いていれば、予約日時にクルマを持って行きます。

以上でAmazonで購入送り先変更予約、まで完了です。

ま と め

マゾンはもう何年も利用していますがメリットはいろいろあります。

・ 送料無料

・ 街中の商店で置いてないものも手に入る

・ 安い商品だけとは限らないけど
手間暇を考えるとこれくらいは・・・。

・ 動作不良等があった場合は30日以内であれば返品可能

・ サポートがしっかりしてる
(Amazon商品に関してなら・・・)

・ ポイントが付く

Amazonで買い物をするようになってから、ウィンドウ・ショッピングをしなくなったような気がします。

だがしかし、絶対欲しいと思ってなくても何となく購入してしまうのはデメリットですね(T . T)