輸入タイヤに限らずタイヤゴムの性質上自然にエアが洩れ空気圧が低下します。

空気圧が低下したタイヤで走る事は燃費も悪くなりますが、それ以上に危険が潜んでいる事を知っていましたか?

空気圧は月1回を目安に点検する事で安全で安心なドライブを楽しむ事ができます。

では、空気圧はどのように点検し調整したらいいのか。

また、ガソリンスタンド以外でタイヤ空気圧を調整する方法をを解説しますね。




<スポンサードリンク>






タイヤの空気圧が不足するとなにが起きるのか

輸入タイヤに限らず国産タイヤでも適正空気圧決まっています。

少ないよりは多少多い方がいいだろうと考えがちですが空気圧は高すぎても低すぎてもいけません。

『空気圧低い(不足)』・・・画像右側

・ 偏摩耗(片減り・肩落ち)

・ 使用期間が短くなる

・ 燃費の悪化

・ ハンドルが重くなる(操縦性の悪化)

・ ハイドロプレーニングが起きやすくなる

『空気圧高い(過多)』・・・画像左側

・ センター部の異常磨耗(偏磨耗)

・ 使用期間が短くなる

・ 乗り心地の悪化(硬い)

・ コード切れ、バーストの危険性増大

空気圧は適正に保つことで、タイヤの寿命も延び、タイヤ本来の性能を100%発揮する事ができるのです。

しかし・・・


もらった時はパンパンに膨らんでいた風船が
次の日には見るも無残にしぼんでしまった経験、
あなたにもあると思いますが。

クルマのタイヤも同じです。

タイヤの空気圧が低下する最大の原因は「自然空気漏れ」です。

乗用車用タイヤでは、1ヶ月で約5~10%減少します。


その結果、約41%のクルマが空気圧不足になっています。

「JAFロードサービスでタイヤがパンクして出動依頼が合った件数」

増加している理由を独自に考えてみた

・ タイヤ交換をした事がない

・ スペアタイヤが付いていない(もともと)

・ エアが少なくバーストした

・ 縁石などにタイヤを擦った

燃費を良くするため、車両を軽くする事からスペアタイヤを廃止するメーカーが多くなっています。

その代わりに「車載パンクキット」が積んであります。

コンプレッサー(空気入れ)とパンク修理材(こんなの

このキットを使い液体をタイヤに入れ内側から穴を塞ぐと言うものです。

そして、液体を注入したらコンプレッサー(空気入れ)でエアを入れます。

しかし、横(サイドウォール)に長い亀裂やでかい穴が空いた場合にはこのパンクキットを使用することは無駄です。


これだとタイヤ交換です。

このような状態の時はJAFや保険会社のロードサービスを呼ぶしかありません。

輸入タイヤの適正空気圧はどのくらい?

自然に空気が抜けて行くのなら1か月ごとには空気圧の点検が必要ですね。

でも、適正空気圧がわからないと今入っている空気圧が良いのか、悪いのか判断できません。

『適正空気圧は?』

適正な空気圧は、クルマ指定タイヤ指定に2パターンに分けられます。

クルマ指定空気圧

クルマによってメーカーが指示した指定空気圧が運転席ドア付近に貼っています。


この例だと

メーカー指定タイヤサイズ:195/60R15-88H

メーカー指定空気圧:前後共210:2.1(kPa/kgf/㎠(タイヤ空気圧の単位)

実際にタイヤの空気圧を測り、前後のタイヤがこの値になっていれば適正な状態です。

タイヤ指定空気圧

タイヤ指定空気圧は、標準タイヤやオプション設定サイズ以外のタイヤを使う時使用します。

例えば、

メーカー指定タイヤサイズ:195/60R15-88H
     インチアップした場合
インチアップタイヤサイズ:205/55R16-91H

[インチアップ可能サイズ]

インチアップする時のタイヤサイズ早見表

乗用車用ラジアル・タイヤサイズ対応表

標準装着サイズ///標準的な対応サイズ(タイヤ総合カタログ記載サイズのみ)
70 → 65・60・55・50・45・40シリーズ
70 → 65・60・55・50・45・35シリーズ
65 → 60・55・50・45・40・35シリーズ

例えば
185/60R13-80H 185/55R14-80H

乗用車用ラジアル・タイヤサイズ対応表
(ブリジストンHPより引用)


標準装着サイズ///標準的な対応サイズ(タイヤ総合カタログ記載サイズのみ)
60 → 55・50・45・40・35シリーズ
55 → 50・45・40・35シリーズ
50 → 45・40・35シリーズ
45 → 40・35シリーズ
40 → 35シリーズ
35 → 30シリーズ

例えば
195/60R15-88H 215/50R15-88H

乗用車用ラジアル・タイヤサイズ対応表
(ブリジストンHPより引用)


適用表はPDFになっています。
黒文字・赤文字がありますが、これはクルマの製作年によって変わります。

基本的には『初度登録年月日』で判断します。

2006年(平成18年)12月31日までに製作された自動車の対応サイズは表内の全サイズが対象。

2007(平成19年)年1月1日以降に製作された自動車の対応サイズは赤文字で表記されたサイズのみとなります。

※ 注意 ※

インチアップや標準タイヤ以外に交換する場合、『195/60R15-88H』が標準タイヤだとします。

このサイズの最後の数字『88H』より数字を少なくしないでください。

この数字は、タイヤが頑張れる最大荷重重量を意味しています。

この値が小さいタイヤを履いてしまえば、最大乗車人数が乗って荷物満載でドライブに行くと
バーストしてしまうかもしれません。

そして、この値は車検の時にも確認されます。

もし、標準タイヤより小さい値のタイヤだと車検が受からないかも、です。

実際に輸入タイヤの空気圧を調整しよう!

タイヤ空気圧を調整するために必要なツール

『エア・ゲージ』

走行後に計ると熱で空気が膨張するので的確な空気圧を計る事ができません。

なのでタイヤの空気圧は、走行前の冷えている時にエアゲージを使用して測定します。

エーモンのエアゲージなら小ぶりなのでトランクやダッシュッボードに入れて置いても邪魔になりませんよ。

価格もお手頃なので1本買ってても良いでしょう。



『空気入れ(コンプレッサー)』

エア・ゲージで点検したら、標準タイヤならドア付近に貼ってある空気圧になっているか確認します。

また、オプションタイヤやインチアップをしているのならタイヤに合った空気圧に合わせます。

もし足らない時は「ガソリンスタンド」で入れても良いでしょう。

けど、そこまで走って行ったのではタイヤが温まってしまい
正確な空気圧を保つ事ができなくなります。

そこでその場で空気圧を調整するためのこれがあれば便利です。


(ゲージも付いているので良いかも)

それに、自転車やビーチボール・エアマットなどにも使えるので買って置いてもいいでしょう。

だがしかし!・・・

足踏みタイプの空気入れで4本同時にいれるとなると結果辛いものです。

そんな時は、電動ポンプがおすすめですよ。

なんと言ってもこの製品は、充電式なのでクルマのタイヤに限らず
海水浴場で子供の浮き輪やビーチマットに空気を入れることが可能です。

内臓バッテリーがきれたときは付属のシガーソケットから電源をとりながら使うこともできるので作業を中断することがなく安心です。

それに災害の時、懐中電灯としても使えます.




アジアンタイヤの空気圧

標準タイヤサイズなら指定空気圧はドアあたりを見れば一目でわかりますが、
輸入タイヤ(特に最近多くなったアジアンタイヤ)の空気圧は?

アジアンタイヤの空気圧は国産品に書かれていない『XL規格』になっているものが結構あります。

「NANKANGの例」




エクストラロード(XL)やレインフォースド(RFD)規格は、タイヤの内部構造を強くする事でSTD規格のタイヤよりも高い負荷能力を発揮できるタイヤです。

基本的にはエクストラロード(XL)規格、レインフォースド(RFD)規格の名称は違いますが、本来の意味的には同じです。


標準サイズで輸入(アジアン)タイヤに交換する場合

同サイズでXL規格のタイヤを装着する場合
タイヤサイズによって、STD規格に比べて
必要な空気圧が変わることがあります。

例えば新車装着サイズが215/45R17-87Wに対して、
215/45R17-91W/XLでは
車両の指定空気圧が210kPaだとすると




インチアップして輸入(アジアン)タイヤに交換する場合

インチアップしてXL規格のタイヤを装着する場合
車両指定空気圧より高い空気圧を充填する必要があります。

例えば新車装着サイズが195/65R15-91Hに対して、
215/45R17-91W/XLでは
車両の指定空気圧が230kPaだとすると…


ブリジストン公式ホームページに空気圧別負荷能力一覧表が出ていますので必ず確認し、正しい空気圧を充填ください。

※ 注意 ※

XL規格のアジアンタイヤが高い空気圧に設定できるからと、むやみに空気圧を高くしないでください。

なぜなら、タイヤ本体の最大空気圧 が300kpaと決められているからです。

そして、乗用車タイヤの最高使用空気圧は350kpaになっています。

まとめると、標準タイヤサイズの負荷能力に合わせ
現在履いているタイヤ、これから履こうと思っているタイヤの空気圧を決める。

ま と め

最近アジアンタイヤを見る機会が増えました。

国産タイヤに比べ価格が3分の1ほどでセットでき、
昔に比べ耐久性や信頼性も高くなっています。

高い国産品にも劣らない輸入タイヤですが、
生命線は「空気圧」です。

何もしなくても自然に空気は減って行きます。

わざわざガソリンスタンドに行かなくても自宅で点検でき、調整ができれば安心です。

また、空気圧点検だけにスタンドに行くのは後ろめたいならなおさら
あなた自身で調整できる環境を作る事が大切です。

他にもスタンドで空気圧チェックされると「タイヤ」を買わせられる・・・。

その余計な出費を防ぐ意味でもDIYがおすすめですよ。